2018年07月12日

救命講習

6月27日、私達研修生は浦河消防署の署員の方に来ていただき救命講習会を行いました。

私は高校生の時に、人工呼吸やAEDの使い方を勉強したことがありました。
なので、しっかりと再確認を今回の救命講習でできたし、更には様々な場面を想定して行うことで事故が起きた時の対応力をつけることができました。

私達は馬に乗っている為、落馬などで常に怪我をしてしまう可能性があります。
怪我をしてしまった時は今回の講習で学んだ止血方法や三角巾で腕を支えたり、これから応急手当が必要な時があれば今回の救命講習を思い出して研修生同士助け合っていこうと思います。

なるべく怪我、事故が無いよう1人1人自分で予防していくことが大切です。
なので、これからの研修1つ1つ集中して、怪我をしないようにしていきます。

また今回は、落馬したり、馬に蹴られたりして、首・背骨を怪我した時は下手に動かさず、すぐ119番通報をして、今回体験したように救命士の方が完璧に固定をして運んで下さるので、自分達で動かして怪我を悪化させないようにするということも学びました。

今回の講習で学んだことをこれから使う時があれば、迅速かつ的確に対応して命を救っていきたいと思います。

Img_0498_2



Img_0528