2017年05月19日

えりも岬見学

私達35期生は5月10日に襟裳岬の見学へ行きました。
バスに揺られ、1時間程で到着しました。

平日にもかかわらず多くの車が停まっており、自分が想像していたよりも賑わっていました。
バスを降りると強い風が私達を歓迎してくれました。襟裳岬は風速10M/秒の風が吹く日が260日を超える、日本有数の強風地域だそうで、その日も強い風が吹いていました。

展望台へと登ると視界が開け、そこには大海原が広がっていました。
天候が優れていなかったため水平線は見えませんでしたが、晴れていたらとても良い眺めだっただろうと思います。
また、波や岩の間からアザラシのような生き物を肉眼で見ることができました。海鳥もたくさんいましたが、おそらくあれはアザラシでした。

売店では昆布が有名なようで、昆布アイスなどの多くの昆布商品が売っていました。
他にもカニやウニが生け簀にたくさん入っていたり、鮭が丸々一匹売られていて驚きました。関東の観光地にはない光景に北海道を感じました。
(I・A)

Img_3208


2017年05月15日

行者ニンニク

私達は4月17日に、近くの山へ行者ニンニクを採りに行きました。

行者ニンニクは別名「キトビロ」ともいい、非常に貴重な山菜だそうです。
しかし、私達が採りに行った場所は、普段人が立ち入るような場所ではなかったためか、多くの行者ニンニクが自生していました。

現地に到着した私達は我先にと行者ニンニクを採り始めました。
ある者は、崖を登り、ある者は川を渡り、ある者はひたすら奥へと進んでいきました。
肝心の私は足元の行者ニンニクを一心不乱に刈り取っていました。
その甲斐あり、20本程の行者ニンニクを採ることができました。
研修生の中には40本近くも採った人もいて、多くの行者ニンニクを収穫することができました。

その後、帰寮した私達は懇親会を行いました。懇親会では研修生やBTC職員の方と、採った行者ニンニクを使ったジンギスカンを食べました。

今回自分達で採ったものを自分達で食べるという大自然ならではの良い経験をさせて頂きました。これからの1年間の中でも色々な経験をすると思います。そのような経験の1つ1つを自分の糧にして頑張っていきたいと思います。
(T・Y)

Img_3148_4



2017年05月15日

35期生入講

BTC35期生は男女合わせて19名、年齢は18~21歳と若いメンバーでの研修となっています。

私は、1年間のBTC研修で馬について一から基本的な知識、能力、技術を習得したいと思いこの研修に応募しました。
4月4日に行われた35期生の開講式に出席して、やっとBTC研修生としての第一歩を踏み出せたのだと、今、深く実感しています。

研修が始まって、約1ヶ月が経ちましたが、本当に覚えることが多く、毎日必死に勉強しています。
教えてもらったことを何度も何度も復習し、頭と体に叩き込んでいます。
研修カリキュラムの内容はとても濃く、1日1日があっと言う間に過ぎて、『充実した毎日を送っている』と強く感じています。

馬は、とても臆病な動物であると聞きました。
叱る以上に褒め、常に声を掛け、安心させてあげた上でコミュニケーションを取らなくてはなりません。でもそれは、全て人次第でもあるのだと思いました。
ちゃんと水を飲んでいるか、餌を食べているか、ボロはいつも通りか…今はまだそれくらいの事しか理解してあげられないけれど、馬の事を先生だと思い、愛情を込めて、気持ちを持って、日々体験しながら多くの事を学びたいと思います。

1年後、立派な育成調教技術者になれるように、1歩1歩、確実に前に進んで行きたいと思います。
(D・I)

Img_3103



2017年04月27日

新馬入厩しました!

4月15日に新馬が入厩しました。

【ペガサスジュニア号】
誕生日:2006年4月22日
父 :Fusaichi Pegasus
母 :キャシーズラブ
性別:セン
毛色:栗毛
特徴:端正な顔立ちと栃栗毛?と思うような被毛の持ち主

馬房はきれいに使う主義。まだ競走馬の気持ちが残っているので、少しそわそわするところもありますが、人懐こい性格でとても扱いやすいです。これから活躍してくれることでしょう!

Dsc_0303_2


Dsc_0306


Dsc_0336


Dsc_0350


2017年04月06日

1年を振り返って

きっと、それなりにやれるはず。

そんな自分への期待を抱きながら、この研修に臨みました。
しかし結果は、そんな気持ちをコテンパンに打ちのめされる1年となってしまいました。

「あぁ、簡単じゃないんだな、、、」
肌で、心で、そう感じることができたのが、ある意味で1番の収穫だったかもしれません。
想像以上に、あまりに奥が深い馬という生き物への魅力を感じると共に、そのデカくて、それでいて愛らしい彼らのことをもっと知りたいと思わせてくれたからです。

そして、そんな馬を扱う、また、乗りこなすといった到達点のない技術も、この仕事を続けていく限り、一生追い求めていかなければならないと痛感させられました。

と書くとカッコ良すぎるので、とにかく必死に、泥くさく、ヘタクソなりに、やれるだけやってみようということです。

いつの日か、この道へ進んだ決断は間違っていなかったと思える日が来るように、30歳を目前にした少年も、もう少しばかり頑張ってみようと思います。

1年間、本当にありがとうございました。 
同じ釜の飯を食べた、34期生全員の活躍を願って。
(S・M)

Img_3072



0001卒業査閲の練習中です