2017年07月20日

草刈り実習

北海道も気温が上がってきて、走路と厩舎の間や放牧地周りの雑草が伸び、刈払機で草刈りをする作業が入ってきました。

牧場見学をさせて頂くと、どこへ行っても通路の脇など草が綺麗に刈られているのが分かります。
馬主の方や調教師などのお客様がいつ来ても気持ちよく馬を見てもらえるように、常に牧場内はきれいにしておく必要があり、それだけ草刈りは重要な仕事なのだと感じました。

今まで刈払機を使ったことがあったのは研修生19人中3人だけで、私を含めほとんどの人が使い方を知らず、教官に燃料の入れ方やエンジンの掛け方など一から教えていただきました。

刈り残しなく同じ長さに揃えなければならないのですが、最初はなかなか上手くいかず地面を削ってしまったり刈れていない部分が出来たりしてしまいました。また、大きな音が出るため周りの声などが聞こえにくくなるうえ、目の前の草に集中してしまい回りの状況の変化に気付きにくくなってしまうことにも苦労しました。
こまめに周りを見渡しながら作業しないと、知らないうちに馬が近づいていることに気付けずに大きな音で驚かせてしまい事故に繋がってしまう可能性もあります。馬が近づいてきたらエンジンを止め通り過ぎるのを待たなければなりません。

騎乗だけでなくこういった草刈りなどの作業もスムーズに出来ないと牧場で即戦力として働くことは出来ないので、誰が見ても綺麗だと思うくらい平らに安全に刈れるよう技術をつけて一歩ずつ一流のホースマンに近づいていきたいです。
(M・E)

2017年07月18日

牧場見学 1

6月15日、6月20日に僕たち35期生は牧場見学に行ってきました。

6月15日は近隣にある種馬場と牧場に訪問し、種馬と種付け見学、牧場施設の見学をさせて頂きました。
種馬は9年前のダービー馬を初め、数々のG1馬や重賞馬がおり、かつての名馬を間近で見た僕たちは終始興奮していました。
その後種付け場に移動し、殺伐とした雰囲気の中、種馬が入ってくるなり場内に響き渡るほどの嘶きを見せ、その迫力に圧倒されました。

6月20日には、新ひだか・門別方面の3牧場を訪問させて頂きました。
どの牧場も広大な敷地を有しており馬1頭1頭の事を考えたメニューで調教を行い、馬のことを第1に考えて仕事をしている姿にプロの意識を感じることができました。
それぞれの牧場ごとに方針などは違いますが、共通することは「強い馬作り」でありそのことを念頭に置いて牧場全体が一丸となって努力されている姿はとても素晴らしいと感じました。

BTCを卒業された先輩方が活躍されている姿を見て、僕も牧場に即戦力として貢献できる人材になりたいと思い、今回の牧場見学で学んだ事を今後に活かし将来に繋げていきたいと思いました。
(H・I)

2017年06月23日

馬装コンテスト

2か月間、週に1回で全6回の馬装コンテストが終了しました。

馬装コンテストの審査項目は ➀頭絡 ②鞍 ③馬体の手入れ ④四肢の清潔さ ⑤馬の見せ方の5つで、20点ずつの100点満点で審査されます。
減点方式で点数の高い順に順位が決まっていきます。制限時間もあり第1回目は60分で最終第6回目は30分でした。

その中で私が1番苦労したのが馬体の手入れです。
制限時間内にどれだけ馬体に時間を使えるか、そのために他の部分に時間を掛けずにやるかという作戦を立てながら馬装しました。

結果としては、総合優勝できましたが、第6回目にも何ヶ所かミスがあり、減点されてしまいました。
これからはもっと完璧な馬装を目指します。誰が見ても〝美しい〟と言われる馬装を素早くできるように、日々の研修も手を抜かずに行おうと思います。

馬装の不備は人馬の命に関わってくるので、馬具の手入れや馬装点検もしっかりと行い安全な騎乗ができるように心掛けようと思います。
(M・I)

3



2017年06月21日

新馬入厩しました!

5月21日に新馬が入厩しました。掲載遅くなりましたが…

【ギャザーロージズ号】
誕生日:2007年2月25日
父 :スウェプトオーヴァーボード
母 :ベリーローズ
性別:セン
毛色:芦毛
特徴:おでこにへこみ有り、触ったらちょっとキレる。他の馬が先に集牧されると、10歳とは思えない若々しさを発揮する。耳がかわいい♡
 
環境の変化に戸惑ったのか、来て早々フレグモーネを罹患してしまいました。大事に至らず回復しましたが、なにやらやんちゃな一面もありそうな雰囲気…これから沢山のことを研修生に教えてくれることでしょう!

Img_20170619_154215



Photoよろしくおねがいいたします!



Photo_2友達とお昼寝zzz


 

2017年06月19日

騎乗訓練

今回は騎乗訓練について書いていきたいと思います。

BTCに入講してから約2ヶ月が経ちました。
初めは覆馬場での騎乗でした。鐙の長さや手綱の持ち方が乗馬クラブで乗っていた時と違っていたので、戸惑いながらの騎乗でした。

最初は3つのグループに分けての騎乗でしたが、すぐに1つのグループになっていき、全員の騎乗技術が高くなってきているのを感じました。

駈歩での騎乗姿勢が始まった初期は馬とのコンタクトが取れなくなったり、自分の姿勢も気にしなくてはならなかったりして、騎乗は大変だなと思うようになってきました。何人かは馬を制御しきれずに落馬したり、僕も馬のコントロールを失い2回落馬しました…。

その後訓練も進み、外の角馬場に出ました。
屋内馬場での騎乗から、外の馬場での騎乗になったことで、さらに馬のコントロールは難しくなりました。
角馬場では落馬する人も増えましたが、騎乗回数を重ねていくにつれてさらに騎乗レベルが上がっていくように感じました。

最近では、走路での騎乗がメインになって来たので、隊列の前の馬との距離の取り方がさらに大切になりました。競馬で言う三馬身の距離をキープするのが難しく、まだまだ自分の技量不足を感じます。

2ヶ月経って様々な事を学びましたが、これからも騎乗レベルを上げるためにも毎日の騎乗訓練を大切にいろいろな事を学んでいきたいです。
(T・I)

Img_3319_4



Img_3322