2016年12月05日

馴致実習

BTC研修34期生は開講から約半年が過ぎ、研修も下半期に入りました。

10月から約1か月間、JRA日高育成牧場で研修生が2班に分かれてそれぞれ3週間の育成馬馴致を行いました。
研修生1名にJRAの職員の方が2名ついて色々なことを指導していただきました。最初はBTCでの研修とルールややり方が異なることがありましたが、すぐに慣れることを心掛けて取り組みました。

実習内容は、午前は馬房清掃・馴致。午後は手入れを行いました。
競走馬の世界での馴致とは「競走馬としてデビューするために必要となる数多くの物事に慣れさせること。」です。

実際に育成馬を馴致して、すごく危険で大変な仕事だと感じました。初めて鞍を装着する際などに馬は恐怖で暴れます。それでも少しずつ時間をかけて馴らし、最終的には全ての馬が装鞍をクリアしました。危険な部分も多いですが、この瞬間を体験するととても感慨深いです。競馬場で走っている馬も、この過程を経てレースに出走しています。

馴致を勉強させていただき、現在の自分の知識と技術はまだまだ未熟だと思いました。だから、今後のBTC研修はさらに向上心をもって取り組みます。
(K・S)

Img_2089



Img_2108


2016年12月05日

門別競馬場見学について

11月1日に門別競馬場見学に行きました。

競馬場見学は札幌競馬場見学以来2回目のため、中央競馬の競馬場とはまた違った魅力・勉強点をたくさん発見することが出来ました。

魅力という点では、レースコース・パドックが観客席からとても近く、躍動感のある競走馬を間近で見ることができ興奮しました。同時に将来自分の手掛けた馬が競馬に勝ち、その興奮を味わいたいと思いました。そのために今しっかりと育成者としての土台の基礎を作っていきたいです。

勉強点としては、パドックが観客席から近い分、騎手が馬に乗る際の足上げで厩務員さんが行う、馬を動かしながらの足上げ騎乗に注目しました。馬を動かしながらの足上げで大切なことは馬に円を描かせること、しっかりと全力で上げることがわかりました。

去年まではパドックを眺める自分は、ただの観客・競馬ファンというだけだったのが、今では勉強ということが加わっているのが不思議な感覚です。これからは毎日が勉強の日々です。自分のため、そして何より馬のためにもっと知識・技術を高めていきたいです。
(M・S)

Img_2243_2



Img_2246


2016年12月05日

施設内研修

先日、3日間のBTC施設内研修を行ってきました。

1日ずつ「業務第1係」「業務第2係」「診療係」の3つの場所での研修でした。
目的は、BTCという施設を管理・運営・維持していくために職員の方々が日々どのような業務をしているのかということを、実際に見て・聞いて・体験するということです。

自分も自分達がこの研修を行っていく上で職員の方々の存在はなくてはならないものということは認識していましたが、詳しくどのようなことをされているのかは何も知らなかったので、それを知る上でも非常に良い時間になったと思います。

研修の内容は調教コースのボロ拾いをしたり、ハロー掛けや散水車の助手席に乗って馬場を均していくのを見学しました。
中には、少しだけ運転させてもらった研修生もいたみたいで、貴重な体験ができて良かったです。

また、場内で調教する利用馬の頭数を数えるなどの作業もさせていただきました。
診療所では獣医師が診察しているのを間近で見学しました。
研修生からのたくさんの質問に対して、非常に丁寧に答えていただいたのでとても分かりやすく勉強になりました。

今回の施設内研修を通して、自分達がこのBTCという施設を使って研修を行えているのは、職員の方々の協力があってこそなので、研修をさせて頂けていることに感謝して残りの5ヶ月間全力で研修に励んでいきたいと思います。
(R・S)

Img_2264



Img_2282


2016年11月29日

新馬入厩しました!

11月16日と11月25日に、それぞれ新馬が入厩しました。

【青空号】
誕生日:2003年5月21日
父 :エトーレ
母 :エーデルフラウ
性別:牝
毛色:鹿毛
特徴:半血種のでっかい姉さん。大きいながら、軽快に動く。ボロは運動中でも止まってします。

Photo青空さん



Photo_2お目目がぱっちり!


【ミルドリーム号】
誕生日:2009年5月25日
父 :シンボリクリスエス
母 :ミルフィオリ
性別:牡
毛色:青鹿毛
特徴:気性は荒いところがある。父親譲りの真っ黒な馬体がかっこいい。その内去勢されちゃいます。

Photo_3ミルドリーム号。ちょっと目が血走って見えます(゚д゚)!



Photo_4放牧地でぽつん。。。


青空は乗用馬としてずっと頑張って来たので、即戦力として頑張っています。
さて、ミルドリーム君は、ヤンチャ坊主から教育用馬として華麗な転身を遂げるのでしょうか?楽しみですね!!

2016年11月02日

JBBA研修生との交流会

10月25日BTC研修施設において、公益社団法人日本軽種馬協会(JBBA)生産育成技術者研修の研修生との交流会が行われました。

交流会では2時間程バーベキューを行い、短い時間でしたが、その時間にお互いの研修の内容について話し合いました。最近では、私達はJRA日高育成牧場で馴致を学びましたが、JBBAでは繁殖について学んだそうです。

JBBAでの騎乗訓練については縦列から併走、併走から縦列に戻すフォーメーションチェンジを学んだそうです。JBBAにある走路は650mの周回コースで、主にそのコースで騎乗訓練を行っているとのことでした。

BTCは育成に特化して研修を行っていますが、JBBAでは繁殖を学ぶのと並行したカリキュラムで研修を進めているため、走路などのコースはBTCと比べて充実してはいないそうですが、楽しく騎乗訓練を行っているようです。

育成専門の私達から見たら、近くに種牡馬がいる中で研修を行えるというのはJBBAの素晴らしい研修カリキュラムの1つだと思います。
お互いに違ったメリットのある研修内容になっていて、話を聞いていてそういう馬の世界もあるんだなということを学びました。

バーベキューの最後にJBBAの研修生の一人が一発芸をやってくれました。とても面白く盛り上がった交流会となりました。
(Ⅿ.S)