2017年11月30日

騎乗訓練

BTCの研修ではスタイルと呼んでいる競走姿勢の訓練を始めてから、10月あたりまでは1鞍目は主にスタイルで800mトラックに出て、2騎併走や教官の指示したタイム(主に28~25秒)を刻むといった訓練を行ってきました。
2鞍目は主に姿勢の確認が多いです。

10月の終わりから現在(11月中旬)は深い騎座をつくるための訓練や障害飛越をやっています。
訓練での障害飛越は障害を飛ぶことが目的ではなく、バランスを保ったり馬のペースを一定に保つ練習の為といった様々な目的があります。
しかし私は障害を飛ぶことに意識が向いてしまい、ペースが作れなくて焦ってしまうことが多く反省の日々です。

研修が始まった頃は馬に乗ることが楽しくて仕方ないといった感じでしたが、研修が進むにつれて出来ない悔しさや他の研修生だけ上手くなっているんじゃないかと不安な毎日です。

こんな感じですが、誰よりも上手くなるんだという気持ちであと半年間研修に励んでいこうと思います。
(M・I)

Img_4560



Img_4577