2017年05月15日

行者ニンニク

私達は4月17日に、近くの山へ行者ニンニクを採りに行きました。

行者ニンニクは別名「キトビロ」ともいい、非常に貴重な山菜だそうです。
しかし、私達が採りに行った場所は、普段人が立ち入るような場所ではなかったためか、多くの行者ニンニクが自生していました。

現地に到着した私達は我先にと行者ニンニクを採り始めました。
ある者は、崖を登り、ある者は川を渡り、ある者はひたすら奥へと進んでいきました。
肝心の私は足元の行者ニンニクを一心不乱に刈り取っていました。
その甲斐あり、20本程の行者ニンニクを採ることができました。
研修生の中には40本近くも採った人もいて、多くの行者ニンニクを収穫することができました。

その後、帰寮した私達は懇親会を行いました。懇親会では研修生やBTC職員の方と、採った行者ニンニクを使ったジンギスカンを食べました。

今回自分達で採ったものを自分達で食べるという大自然ならではの良い経験をさせて頂きました。これからの1年間の中でも色々な経験をすると思います。そのような経験の1つ1つを自分の糧にして頑張っていきたいと思います。
(T・Y)

Img_3148_4