2017年03月23日

研修修了を1ヶ月後に控えて

私達34期生の研修も残す所あと1ヶ月になりました。
積もっていた雪も徐々に融けていき、木々たちが春に新芽を出す準備をする様に、私達も新たな世界への準備に差し掛かっているところです。

34期の就職も大方決まり、それぞれの目標に向かって日々努力している毎日です。
騎乗訓練も基本はもちろん、最近ではより実践的な内容の訓練も多くなり、教官方の指導もより熱が入ってきました。

あと一ヶ月足らずで35期の後輩たちも入講してきます。
35期生たちとは約2週間研修を共にすることになります。その間は私たちが35期の見本となり、様々なアドバイスを送る立場となります。先輩として立派な姿を見せることができる様に、もう一度初心に帰って研修を行いたいと思います。

残り1か月の研修は、さらに自分と馬と向き合い、34期全員で切磋琢磨しながら、やり遂げたいと思います。
(N・Y)

2017年03月14日

教育用馬について

現在、BTCの教育用馬は44頭います。
1頭1頭性格も大きさも全然違います。
そんな馬達の中から、私の大好きな子を紹介したいと思います。

ぎょろっとした目がトレードマークのプイチーです。
まだ今年で4歳のやんちゃガール。入厩してきたときは、これぞ競走馬!というような風格と引き締まった体をしていましたが、今ではちょっとお肉が付いてきました。

担当馬だった頃は、毎日馬房で女同士の戦いを繰り広げていました。
手入れはうるさいし、やたらと噛みつこうとしてきますが、強く叱るとヘソを曲げる難しい子です。ですが、時々甘えてくることもあったり、渋々ながらも言うことを聞いてくれたりと良いところも勿論たくさんあります。人で例えるなら、思春期の女の子みたいな馬です。

BTCの研修も、あと1ヶ月と少しとなりました。プイチーに毎日会えるのもあと少しかと思うと悲しいけれど、今思う存分に彼女と触れ合いたいです。
(N・Y)

Photo少しぼやけてますが・・・



Photo_2横木通過中


2017年03月01日

スキー・スノボ実習

日も長くなり、少しずつ春に近づいている中、スキー実習を行いました。

34期は何か行事があるときほぼ悪天候になるのですが、この日は快晴でスキー日和となりました。
それぞれがスキーとスノーボードを選択して行いましたが、意外と経験者が少ない印象を受けました。
ちなみに私は新潟県出身ですが、学校の行事でしかスキーをしたことが無く、全く滑ることはできませんでした。

スキー実習が始まってからは、教官や経験のある研修生に教えてもらいながら滑りました。
ただ、「習うより、慣れろ!」という感じだったので、転んだり、曲がれずにそのまま突き進んだりなど色々ありましたが、みんな回数を重ねていくうちに、体が覚えて次第に上達していきました。中には最後まで上手くスピードをコントロールできず下りていく研修生もいましたが・・・

4時間くらい滑りましたが、ようやく思うように滑ることができるくらいで終了だったので、あっと言う間でした。地元にいるときはスキーに興味はありませんでしたが、やってみたら意外と楽しく、他の研修生と盛り上がることができいい息抜きになりました。翌日には、みんな体の痛みとの闘いになっていましたが、自分はそんなに痛くないと思っていると、2日目に一気に筋肉痛が来て、いろいろと大変でした。

研修も残り2ヶ月くらいになりましたが、ここで気持ちをリセットして、残りの時間を有意義に過ごしていきたいと思います。
(K・Y)

Img_2227



Img_2235



Img_2225