2015年10月23日

上半期を終えて

この研修での半年間を振り返ると、本当にあっと言う間に過ぎたという印象です。

今まで競馬ファンで直接馬に携わるということが無かった自分にとって、それだけこの半年間は刺激的だったのでしょう。

4月から馬との接し方や騎乗訓練が始まりました。
全てが未経験で毎日が勉強であったと思います。時には、馬と接していて危険な場面があったり、騎乗訓練で教官に叱られる場面もありました。これらの経験が自分の技術となると信じ、そして悩み、乗り越えてきました。

現在我々研修生は17名で、この研修の日々を過ごしております。
全員がライバルであり、大切な仲間でもあります。皆で競い合い、刺激し合う良い関係であると思います。

様々な壁を乗り越えたと言えど、自分はまだまだ学ばなければなりません。半年が経っても未熟だと感じることばかりです。一人前のホースマンに向かって、下半期を今までよりさらに充実したものにしていきたいと思います。
(U・A)

2015年10月14日

教育用馬

僕たちは今、40頭の教育用馬と一緒に日々の研修に励んでいます。
その乗馬達を少し紹介したいと思います。

一言に教育用馬といっても、BTCに来るまでに様々な道を歩んできていて、JRA競走馬研究所の研究馬や地方競馬で60戦以上走ってきた馬、中央競馬のオープン馬など本当にいろいろな経歴の馬がいます。
その中の1頭、ロードオブザリングという馬を紹介します。皆からは『ロード』と呼ばれています。
性格に少々難があって、常に不機嫌そうにしています。
でも、2週間に1日くらい機嫌のいい日があってその時はすごく可愛くなります。毎日機嫌が良ければ皆に好かれるのですが・・・(笑)

馬装の時は特に大変で、最近は頭絡を付けるのも一苦労です。馬装が出来ても、飛び乗りの時に足を噛もうとしてくるので油断はできません!
騎乗後のシャワーはほぼ戦争状態です。ロードをシャワーしている人を見るたびに大変だなぁと思います。でも、怒っていないとロードらしくないので、なんか複雑な気持ちです。(笑)

今回はロードを紹介しましたが、他にもロードに負けず劣らずの個性を持った馬たちがたくさんいます。
教育用馬がいないと僕たちは研修が出来ないので、馬たちにはすごく感謝しています。
研修もあと半年ほどになりましたが、一緒に頑張ってくれている教育用馬に感謝の気持ちを忘れずに励んでいきたいと思います!
(Y・M)


☆ロードは体も大きいし、ちょっと勝てないような気がしちゃいますね。。。しかも頭がいい!みんなも早く認められるように頑張って!
シュンとしている時は確かに可愛い(笑)
(養成担当Y)

01_2


2015年10月07日

新馬入厩しました!

9月28日早朝に、教育用馬として【タレゾウ号】が入厩しました。

01

☆9月28日現在のプロフィール☆
誕生日:2007年4月23日生まれ(8歳)
父  :ストラヴィンスキー
母  :キシャリ
性別 :牡(10月1日に去勢予定、セン馬になります)
毛色 :鹿毛
特技 :「超高速」熊癖!!

02

これから、たくさんの研修生にいろいろなことを教えてくれることと思います。
どうぞよろしくお願いします!!
タレゾウ君はどんな先生になってくれるでしょうか?楽しみです^^
(養成担当Y)

03

Photoのんびり草を食んでいます



2015年10月07日

体験入学会

BTCでは7月から9月にわたって、体験入学会が3回行われました。

体験入学会では午前中に研修内容の説明や騎乗訓練の見学、研修施設の見学、午後にはきゅう舎作業や乗馬の体験、ホースシミュレーターの実技体験が行われました。
夜には、現在研修中の33期生との懇親会(BBQ)も行われました。

体験入学の参加者の話しを聞くと、「広大なBTC育成調教場にビックリした」という声が多く出ました。僕も昨年の体験入学会に参加して、調教場の景色には感動した覚えがあります。

今回、体験入学会に参加した方は益々BTC研修に入りたいと思ったのではないでしょうか?馬が好きで、将来はホースマンを目指す人には最高の環境が揃っていると思います。

乗馬経験が無くても全く問題ありません。33期生もほとんどが乗馬未経験でした。やる気さえあれば技術は後から付いてくるので心配ありません。BTC研修に入って後悔はないと思います。

34期生の出願締切は10月23日必着です!遅れないように注意してください。
(N・Y)

☆いいことばかり書いてくれてありがとう!それに締切日の確認まで(笑)
いろいろ大変なことも勿論多いですが、しっかりと指導しますので、興味のある方は是非ご応募ください、お待ちしております!!          
(養成担当Y)

01騎乗訓練の見学


02厩舎作業の体験


03乗馬体験


04手綱の持ち方の練習