2016年04月11日

1年間の研修生活

馬に触れたことの無かった自分にとってこの1年間は新しい発見と驚き、そして勉強に満ちていて、とても忙しく、そして充実したものでした。

初めは馬の速歩でもおっかなびっくりだったのに、いまではJRA育成馬で15秒を切るようなタイムを出しているのに驚きと成長を感じる一方で、いまだに馬によっては乗馬でも制御しきれないことに、己の未熟さを思い知らされてもいます。

とても多くの事を学ばせていただきましたが、上記のようにまだまだ自分はひよっこで、馬に関わる人生は始まったばかりです。
学ぶことも多ければ、経験して体で覚えなければわからない事も多くあり、本当の意味での1人前のホースマンといえるのは、あと何年もかかるでしょう。
いや、むしろ一生かかっても常に成長の日々で、1人前と言い切れる日など来ないのかもしれません。

それでも、何も知らなかった昨年の今頃を思えば、確かに前に進んでいます。あの頃の事を忘れずに、成長してきた日々を忘れずに、そして常に、仕事をさせてくれる馬への感謝を忘れずに、就職先の牧場でも頑張っていきたいと思います。
 
この研修を受講するにあたって様々なご協力をいただいた皆様、共に頑張った16人の同期、寮での生活をサポートして下さった寮監、そして厳しくも暖かく接して下さった5人の教官方に、大きな感謝をしてこの場を締めくくらせていただきたいと思います。

1年間、本当にありがとうございました。
(S.K)

2016年03月16日

研修も残り僅か

研修も残り約1カ月となりました。

寒さも和らぎ、気温も少しずつ上昇して来て雪もほとんど融けました。
JRA日高育成牧場の育成馬実習にも行き、今年デビューする2歳馬に乗らせてもらっていますが、BTCの乗馬達とはやはり全然違っていて、落とされたり、走られたりと苦労しています。
スピードも調教のペースが速くて最初は少し怖かったけど、今は慣れてきて、以前よりはリラックスして乗れるようになってきました。

この1年間あっと言う間に過ぎた気がしますが、本当にたくさんの事があって、色々な事を学びました。
それを就職先でも活かしていけるように、これから残りの1カ月の研修を悔いの残らないように頑張っていきたいです。
(M.T)


研修も終わりが近づいてきて、今思い返すと、あっと言う間だったと感じます。

ここで学んだことは騎乗技術や馬の知識だけでなく、精神的にも成長出来、社会人の一歩手前の段階まで来ることができたと思います。
 
残りの研修期間を良いものにするためにも、技術の向上、きゅう舎作業など一生懸命頑張っていきたいです。

また、支えてくれている家族や友達、教官・寮監に改めて感謝をしながら生活していきたいと思います。
(K.Y)

2016年03月16日

残り1カ月半

33期生の研修も残り1カ月半となりました。

昨年4月に入講して11カ月が経とうとしていますが、今でも日々新しいことを学んだり、新しい発見があります。

特に騎乗訓練では教官方からのアドバイスや指摘が絶えません。
馬乗りの技術には終わりがないと思いますので、この先牧場に就職してからも腕を磨いていきたいです。

そして来月になると34期生が入ってきます。
33期生が卒業するまでの約1週間ほど研修を共にすることになります。
その間は僕たちが先輩として34期生にいろいろとアドバイスをしなければいけません。
物事を人に教えるということは、自分もそのことについて理解がないとできないし、もう一度見直す機会でもあります。
間違ったことをアドバイスしないように気を付けたいです。

残り1か月半、まだまだ学ぶことも沢山あるので、より多くの知識と技術を得て、充実した時間が過ごせるようにしたいです。
また、怪我や風邪など体調管理には気を付けて、1日も無駄にしないように研修生活を送りたいと思います。
(N.Y)

Dsc_0005_2


Dsc_0010_2


2016年03月02日

育成馬の騎乗

研修生活も残り2カ月を切り、徐々に研修修了や就職へ向けての意識がより一層高まってきました。
現在33期生は3班に分かれて1週間交代でJRA日高育成牧場での育成馬実習を行っています。

昨年の馴致実習では、若馬の手入れやドライビング等を経験させていただきましたが、今回はその若馬たちに実際に跨って調教を行うという、馴致とはまた違った緊張感の中で実習を行っています。

やはり若馬は普段乗っている教育用馬とは違い、ちょっとした物音や周りの馬の動きに影響されて暴れたりするので、より一層神経を使います。

日頃の訓練で大人しい教育用馬に乗っている時も、若馬に乗っているイメージを常に持って騎乗していますが、実際の若馬は自分が考えていることと違う動きや反応をするので、その一瞬一瞬がとても勉強になります。

さらにJRAの職員の方々も研修生の騎乗を見て間違っている時は叱ってくれ、質問にも親身になって答えてくださるので、改めて恵まれた環境で研修に参加できている事を実感します。

このような環境に感謝し、怪我せず多くの事をこの実習で吸収していきたいです。
(K・M)

2016年03月02日

スキー実習

課外研修として、忠類にある白銀台スキー場へ行ってきました。

レンタルでスキーかスノーボード、また自前の板を持ってきている研修生もいました。私はスキーの経験は少しあったのですが、せっかくなので初めてスノーボードに挑戦することにしました。

未経験者には教官から基礎的な事を教えてもらい、ある程度基本がわかったところで、経験者組と合流しました。日頃から騎乗訓練を指導しているだけあって、教官からのレクチャーはとても分かりやすく、未経験者の私でもすぐに滑れるようになりました。

滑り始めてから、昼食を食べる時間も惜しんで1日中滑っていました。筋肉痛はひどかったですが、良いリフレッシュになり卒業までの約2カ月を頑張る活力になりました。
(K・R)

Dsc_0670


Dsc_0678


2015年12月25日

チカ釣り

今年も残すところわずかとなり、寒さも少しずつ厳しくなってきました。そんな中、年内最後の課外研修であるチカ釣りに行きました。 

午前中に作業や騎乗訓練をして、午後から隣町の様似町方面に行きました。
前日から雨が降っていて、当日も少しパラついていたので、本当に釣れるのかな?と思っていました。が、釣り始めるとすぐに釣れました。
みんな沢山釣れて、あっと言う間にバケツ一杯になりました。大物が多かったせいか、教官たちのテンションも高かったです(笑)
ここ2・3年で一番釣れたそうです。

その日の夕食は懇親会で、釣ったチカを出せるように私ともう一人でチカの下処理をして、から揚げを作りました。大きいのも居て、教官が刺身を作っていました。すごく美味しくて、量も結構あったのですがすぐに無くなりました。懇親会もみんなとても楽しそうでした。

これからの研修もみんなで楽しくやっていきたいです!
(S・Ⅾ)


☆今年は大漁!しかも、20cmオーバー(推定)も沢山釣れました。
天候の悪い中、頑張った甲斐がありましたね!!
(養成担当 Y)

Img_0730



Img_0731



Img_0733


2015年12月16日

オンとオフ

研修がスタートしてから約8カ月が経ちました。

毎日、朝早くから始まり騎乗訓練や馬の取扱いなど気を抜いてはいけないし危険も伴う研修ですが、楽しく充実した日々を送っています。

そこで僕がこの研修を行っていく上で大切にしているのは、気持ちのオンとオフの切り替えです。
馬と接する時に気が抜けていたら人も馬も怪我をしてしまいます。

逆に、毎日24時間馬の事を考えて、自分のトレーニングもしていると心も体も疲れてしまいます。だから僕は、当番でない日曜日は同期と遊びに行ったり、部屋でゆっくり休んだりと、完全に気持ちをオフにすると決めています。
そうすることで、次の日の月曜日には疲れも取れて気持ちも切り替えて研修できるようになります。

だから残りの研修も中途半端な気持ちで行うのではなく、『やるときはやる』、『休む時は休む』を徹底して過ごしていきたいです。
(K・W)

2015年12月04日

馬について

今日は僕の手入れ担当馬、ティアップフェイムについて紹介したいと思います。

ティアは教育用馬の中では1番若い3歳の女の子。まだまだ若いだけにオドオドしたり、わがままだったりと手入れは少し大変です。
僕の役割は馬の手入れはもちろん、馬に対する躾も行っていかなければならないと思っています。人間との関係性、して良いこととしてはいけない事、それを馬に伝えるのはとても大変で、時には厳しく叱ったり、時にはひたすらに褒めたり。その繰り返しで、少しずつではありますがティアも変わってきたのではないかと思います。

手入れ担当になりたての頃は蹴られたり咬まれたりで馬体に触れるのも怖かったのですが、今では僕自身ティアの事を少し信頼することができるようになったし、ティアも多少なりそう思ってくれているはずです。なので、怖いといった感情は全くありません。

馬と人との信頼関係。手入れを通してティアはそういったことも教えてくれました。自分自身もティアもまだまだ足りない事だらけです。
残りも5カ月程となった研修生活ですが、ティアと共にもっともっと成長できたらなと思います。
そして、ティアが誰からも愛される、そんな馬になってくれることを期待したいと思います。

01



2015年11月27日

新馬入厩しました!

11月24日、【エイシンモンジュー号】と【エイシンイーグル号】の2頭が入厩しました。

【エイシンモンジュー号】
誕生日:2008年2月13日
父 :Montjeu
母 :Santa Catarina
性別:セン
毛色:黒鹿毛
特徴:特技「物見してじわじわ避ける」、普段はとってもおっとりさん。

01_2

【エイシンイーグル号】
誕生日:2010年2月27日
父 :イーグルカフェ
母 :エイシンシンシン
性別:牡(もうすぐセン馬に…)
毛色:鹿毛
特徴:むっちり体型、乗ったらミニばん馬。

02_2

新しく男衆が仲間入り!今のところ正反対の性格のように見えますが、どうでしょうか?楽しみですね!

2015年11月19日

門別競馬場を見学して

11月5日に、門別競馬場のレース観戦をする機会がありました。

門別競馬場に行くのは初めてで、他の競馬場にも2・3回ほどしか行ったことが無かったので、今回見に行けるということで楽しみにしていました。

門別競馬場は浦河から車にて2時間程で着きました。
競馬場は僕が思っていたより規模が大きく、雰囲気が明るくて、競馬ファンだけではなく色々な人が楽しめる場所だと感じました。

この日のメインレースは北海道2歳優駿という重賞レースが行われました。
名前の通り、2歳限定戦でホッカイドウ競馬の所属馬だけではなく、他の地方競馬・中央競馬の所属馬も出走できるレースです。
人気を集めていたのはJRA所属のエネスク号でした。パドックではかなり近い距離で馬を見ることができて、とても迫力がありました。重賞レースのゲート位置が丁度観客席側だったので、間近でスタートの瞬間を見ることができました。

このレースを勝った馬はタイニーダンサー号で、ホッカイドウ競馬所属馬がJRA所属馬を打ち負かしました。実際に競馬場に行ってレースを見る機会は中々ないので貴重な経験になりました。
(I・M)

☆スタートの瞬間はとても迫力がありましたね!どんどん馬産地の競馬を盛り上げていきたいものです。

01オッズを見ながら何か食べています