2021年06月10日

騎乗訓練について

BTC研修では、毎週月曜日から金曜日の朝 8 時から騎乗訓練を行っています。

騎乗訓練では最初に研修生個人の騎乗レベルに合わせて、A.B.C の3つのグループに分かれ騎乗レベルに合った内容で実習を行います。

A.B グループでは、部班運動の中で軽速歩をとりつつ馬をコントロールするための訓練を行い、 C グループでは、丸馬場で個人に分かりやすくマンツーマンで騎乗姿勢のレクチャーを行ってもらいます。

現在は部班運動の中で歩度の詰め伸ばしを重点的に、訓練を行っています。集団の中で1人が遅れたり速すぎたりすると全体に影響が出てしまうため、常に前の馬との距離を三馬身に保ち、脚を使ってペースをあげたりブレーキを使ったり、こまめに微調整を繰り返すことで列が乱れないようにしています。

研修生の内、多くの人がこれまでに乗馬の経験があったりスポーツ経験者である中、私はこれまでにスポーツの経験が全くなかったため初めは不安でいっぱいでしたが、訓練をしている中で教官方の的確で分かりやすいアドバイスのお陰で少しずつ上達しているのが実感できています。

騎乗実習が始まって 1ヶ月が経ち、毎日が新しい事ばかりでまだまだ覚えなければいけない事はたくさんあるけれど、一人前のホースマン目指して精一杯励んでいきたいです。
(H・F)

2021年06月08日

自由時間の過ごし方

研修が始まって1カ月程が経ち、交代制で土曜日の半休と日曜日の全休が始まりました。

 現在は、北海道全域に発出されている緊急事態宣言の影響で敷地外への外出が許可制となっていますが、発出以前は近所にサクラを見に行ったりランニングに行ったりと息抜きができていたので、制限されてしまいとても残念です。

しかし寮内や厩舎にいる時間が長くなったことにより、学科の予習、復習やシミュレーターでのイメージトレーニングにより時間を費やすことができたり、休日には研修生の仲間と食事を作ったり、競馬観戦をしたりと残念な事だけでもないと感じる事もあります。

平日の研修後の自由時間には、学科のテスト勉強や日誌を書いたり当日の騎乗を仲間と振り返ったりなど、自由時間も充実した時間を過ごすことができています。

特に多くの時間を共にしている仲間は同じ目標を志すこともあり、アドバイスし合ったり研修に関することを語り合ったりと、楽しい時間を過ごすことができています。来年の4月には仲間と共に25名欠けることなく修了したいです。

 これからも時間をムダにすること無く、少しでもプロに近付いていけるよう頑張りたいです。
(H・H)

2021年06月02日

馬装コンテストについて

研修が始まり1ヶ月が経過しました。

騎乗訓練が本格的に開始され、毎日クタクタになりながらも、1年後牧場で働けるように頑張っています。

さて、この研修の一環として、馬装コンテストというものが行われます。
馬に乗るためには鞍や頭絡を装着することになりますが、私達の大半は鞍を着けたことがありません。そのため、正確に鞍や頭絡が着けられているかのテストに加え、牧場就労時に求められる、馬をお客様に見せる技術を養うために「コンテスト」という形式で実施されています。

私は短期間ではありますが牧場で働いた経験があったため、第1回のコンテストでは上位に入ることが出来ましたが、同期の研修生の成長が著しく、以降は上位に入ることが出来ていません。指導された課題を日々意識して改善していきたいと思います。

全6回の馬装コンテストも次回で第5回。
回を重ねる毎に制限時間が短くなり、それだけ難易度も上がっています。

そんな中でも私達の結果は全体的に段々と良くなり、日々の成長を感じています。研修に専念できる環境に感謝し、楽しみながらも、ホースマンとしての一歩を踏み出せるよう、努力を欠かさないように過ごして行きます。
(K・H)