2021年03月30日

JRA育成馬実習

BTC研修も残り1ヶ月を切りました。

現在の研修では通常研修に加えて、JRA育成馬実習を行っています。
昨年の9月から4月の育成馬展示会までが実習期間ですが、今年に入ってからはスピード調教が始まりました。

スピード調教とは1ハロン(200m)15秒を切るスピードで走破することです。
3ハロン15秒-15秒-15秒のペースで併走を行ったりします。BTCの研修馬では1ハロン25秒のペースを基本としているため、1ハロン15秒のペースは未知の世界でした。

初のスピード調教では想像以上の速さで終始体が固まっていました。競馬では遅くてハロン13秒速くてハロン11秒程のスピードで、それよりは少し遅いですがそれでもとても速かったです。

3月に入り何度もスピード調教に騎乗させていただいたので、最初の頃よりは体も慣れてスピード感覚は少しですが掴めたような気がします。今騎乗している育成馬が競馬にデビューするのは今年の6月からになりますが、まずはブリーズアップセールで馬主さんに購入していただくために、日々がむしゃらに騎乗して、JRAの職員方からもアドバイスをいただきながら人馬共に成長していきたいです。

研修期間も残り1ヶ月を切り、同時にJRA実習も終わりが近づいています。育成馬実習最後の日まで成長できるように頑張りますので、応援よろしくお願いいたします!

(BTC軽種馬育成調教センターでは、Twitter・Instagram・YouTubeで研修の様子をご紹介しています。フォローよろしくお願いします!!)
(R・T)