2021年02月19日

JRA実習について

BTC38期生の研修が始まって約10ヶ月が経ちました。

JRA育成馬の騎乗実習が年明けから再開し、年明け前の状態よりパワーアップした育成馬に乗せて頂いています。
今回の実習では牝馬と牡馬両方の騎乗を経験させて頂いているのですが、牝馬と牡馬ではパワーや性格に大分差がある事を実感しました。

また、年明けからスピード調教が始まり、ハロン(200m)15秒を経験しました。今まで感じた事の無い風と早過ぎて一瞬にして坂路を駆け上がる感覚が新鮮でとても楽しいです。

また、JRAでは騎乗ももちろんですが、職員の方に混ざり作業を行うと、作業スピードが早かったり、1人1人が作業をいかに効率良く無駄がなく正確に進めるか、そのためには自分が何をするのが最適かを考えながら行動しているのがとても勉強になります。

育成馬は乗馬と違い少しの音で驚いたり、他の馬が暴れたりするのに便乗したり、雪が落ちてくるのに物見をしたりと動きが予測しにくく、また、自分のバランスが悪いとすぐに馬に影響してしまうのが難しいです。

あと2か月と少しで研修も修了してしまいます。たくさん吸収して成長したいです。
(S・T)

2021年02月19日

冬季の厩舎作業

就職活動を終えた頃から、気温がどんどん下がって氷点下になり、雪もだんだん積もるようになって来ました。本格的に北海道の冬が始まってからの厩舎作業を紹介します。

まずは冬に入ってから初めて行ったことは水落としです。
水落としとは水道管が凍ってしまうと使用できなくなってしまうので、水道管にある水を全て抜く作業です。本当に寒い日になると使用した直後に水落としをしないと凍ってしまう場合があるので、使用した後には水を落とします。

次は人と馬の厩舎作業時の服装です。
人は厚着で何枚も重ねて着ています。それに加えて手袋、ネックウォーマー、耳あては必須アイテムです。馬は馬服というものを1枚だけ着ているだけです。毛が生えていていいなぁと思います。

雪が降ると雪かきをします。
雪かきした後に塩化マグネシウムを撒いて滑るのを防止します。雪が積もると少し融けた後に凍って、人も馬も危険です。何回も転びそうになりました。後は厩舎の屋根から雪が落ちてくることもあるので気をつけています。

冬季は厳しい寒さと雪が降るので、研修生全員で協力してこの冬を乗り越えられるように頑張ります。
(Y・T)