2020年10月28日

防災訓練

今回BTCに入講してから防災訓練を行いました。
色々と体験させてもらったり、実際に寮内で火災などが起こったりした時にはどうすれば良いのかを教えていただきました。自分が知らない事もあったので良い訓練になりました。

始めに、各自自室に戻っている中で実際の非常ベルを鳴らしてもらい、より実践に近い形で避難を行いました。

全員の避難が完了した後、外で消火器訓練を行いました。
これまでの人生で消火器を使ったことが無かったので、消火器を使用する一連の動作を教えてもらいとても良い勉強になりました。

その後教室にて、防災訓練の具体的な反省点や説明をしていただきました。
火事になった時は、先ずは命を最優先に、なるべく初期の段階での消火活動を行う、避難する時は出来るだけ低い姿勢で逃げることで一酸化炭素中毒になりにくくすること、声を出来るだけ出し周囲の人に気付いてもらうことが大事だとわかりました。

これからこのような場面に出くわしたら、しっかりと思いだして実行していきたいです。
(T・K)

2020年10月13日

上半期を終えて

BTC研修に入講してから早半年が経ち、北海道は肌寒くなってきて、まだ10月になったばかりなのに一足早く冬が来た感じがします。

上半期を終え、入講した時は速歩ですらマトモにできず騎乗技術も未熟であった私も、今では走路で馬をコントロールしたり馬とコミュニケーションを取りながら騎乗することもできるようになって来ました。
厩舎作業も入講当初は40分程掛かってしまった馬房清掃も今では10分以内に終わらせることができるようになり、手入れも細かく馬のチェックを行う事ができるようになりました。

半年の中で、癖のある馬もどう取り扱えばいいかも理解できるようになり、馬に対して的確なアプローチで接することが少しずつできるようになって来ました。

学科に関しては、専門的な知識を体系的に学ぶ事ができるカリキュラムで獣医学的な難しいものも有ったのですが、好きな馬の事だったので楽しく学ぶ事ができました。

上半期の最終日に成績優秀者の表彰があり、学科では1位を、厩舎作業では2位を取ることができました。
騎乗に関してはまだまだ未熟な部分があるので、望んだ成績は得られませんでした。

下半期ではJRA馴致実習も本格化してくるのでトレーニングを欠かすことなく、研修修了時には騎乗も表彰されるように努力していきたいです。
(Y・K)

2020年10月13日

ばんえい競馬見学

私たちは、8月24日に帯広競馬場にてばんえい競馬の見学をしました。

ばんえい競馬では一般的な平地競走で使用されているサラブレッドなどの軽種馬は使われず、古くから農耕馬として利用されてきた体重800~1200㎏の重種馬が騎手と錘を積んだそりをひき、直線コースで力とスピードで勝負が行われます。また、騎手のテクニックも必要なように見えました。

今回私は初めてばんえい競馬を見ることが出来ました。
レース展開はいつも見る競馬とは違いゆっくりなため、レース観戦を馬の横を一緒に歩きながら出来ることにロマンを感じました。
また、最後まで展開の予想ができないのでとても白熱しました。また機会があれば足を運んでみたいと思います。
(S・M)

2020年10月01日

JRA馴致実習について

私達38期生は、9月初めからJRA日高育成牧場にて馴致実習を行わせて頂いています。

馴致とは、馬にこの指示をしたらこうするなど、騎乗をしっかりできるようにするために1歳馬を様々なことに馴れさせるために行うものです。

実習が始まり、1歳馬に触れてみて感じた事は、今まで触れてきた教育用馬とは何もかもが違うということです。
どんなことにも過敏に反応し、人に触れられるということに馴れていないのだと感じました。
作業については、検温然り、裏掘り然り、今までの馬の反応とは違っていて、より丁寧に行わなければならないと感じました。

大まかな馴致の流れとしては、タオルで体中パッティング(強弱をつけてはたく)をし体に何かが触れる事に馴れさせ、声や前に出す指示でしっかりと動くことを教えるために馬房内で旋回をします。
また、腹帯に馴れさせるために着けるローラーの前段階としてストラップ締め、声の指示でしっかりと走ってもらうために行うランジング、騎乗者が乗る前にハンドル・アクセル・ブレーキを覚えさせるドライビング等を行います。他にも行う事は沢山ありますが、大まかな流れとしてはこのように進んで行きます。

実際に参加してみて思ったのは、馴致はこんなに難しいのかということでしたが、それでも1歳馬の成長を肌で感じることが出来ました。JRA職員の方々には、丁寧に、時には厳しく指導いただきました。
そのおかげで自分自身にとってとても貴重な経験になっていますし、スキルアップすることが出来ています。
こうした経験を将来に活かしていきたいです。

まだまだJRA日高育成牧場での様々な実習は続いていくので頑張っていきます。
(Y・O)