2020年08月06日

アポイ登山

7月20日、僕たち研修生はアポイ登山に行きました。

コロナウイルスの影響で牧場見学等の課外研修行われていなかったので、研修生一同かなりテンションが上がっていました。
あまり息抜きができるイベントが無かったため、僕はバスに乗って外に出かけられるというだけでも嬉しかったです。

 いざ寮を出発し、アポイ岳に到着。登山を開始。
最初は山登りというよりも林を散策し小川を眺め、ザリガニを見つけて喜ぶ探検でした。
しかし、5合目の山小屋についた時にここからが本番だという現実を見せられました。

5合目から遥か先に見える先の尖った所が頂上だと知らされた登山初心者の僕には、目の前のアポイ岳が一瞬エベレストのようにも見えました。人の足では4~5時間は掛かるのではないかと本気で思いました。

教官の「あと一時間くらいだよ」という言葉に半信半疑になりながら再び登頂開始。少し登ると木がなくなり、黄色い土と岩の崖を登るかのように進み、再び木が現れてそこが頂上。登頂し、木陰で食べる昼食はとてもおいしかったです。

 頂上で休憩し、記念写真を撮ってから下山開始。
重い足を何とか動かし、全員無事に下山。麓の温泉で汗を流し、バスで帰りました。
僕は当然バスの中で寝てしまいました。

 今回のアポイ登山、かなり疲れましたがいつもと違う場所で一日を過ごせてとてもリフレッシュできました。
次の日に筋肉痛で足を引きずっている人や疲労困憊の様子の人がいないあたりはさすがだなぁと思いました。
(R・N)