2020年08月20日

牧場見学

7月21日に、牧場見学がありました。

 今年は新型コロナウイルスの影響により、牧場見学の実施が危ぶまれていましたが、牧場さんのご厚意により、見学をさせて頂くことができました。

 今回の見学では調教だけでなく、生産やスタリオンについてもお話を聞くことができました。
生産から育成、スタリオンまでの全てを行っている総合牧場だからこそ伺えたお話も多くあり、とても貴重な経験となりました。

 実際に見学をしてみて、印象に残ったことが2つあります。
1つ目は、整備の行き届いた施設です。
牧場に着いた時に先ず目に飛び込んできたのが、隅々まできれいに刈られた芝生でした。とても広大な敷地でありながら、そこに生えている芝生全てが綺麗に整備されているその光景は、圧巻の一言でした。
その綺麗な芝生の手入れや牧柵・建物の保全は、普段馬に乗り調教をしている社員自らが行っているとの事でした。あれだけ広大な敷地を、農事作業員などを雇うことなくあえて自分達の手で整備するのは、少しでも馬のためにお金をかけ、1頭でも多くの強い馬を作るためなんだという、熱い想いの表れだと感じました。

 2つ目は、ほぼすべての社員が馬に乗る事です。騎乗初心者の新入社員も事務員も関係なく、全員が馬に乗るという事でした。
初心者は、たった10回の調馬索で馬に乗り慣れたところで、大人しい現役馬に乗り坂路に行くこともあるという事で、事務員の方も朝馬に乗ってから事務作業をすると仰っていました。
一人でも多くの人が馬に乗り、1頭でも多くの勝ち馬を作ろうとするその強い想いを、社員全員が持っていることにとても感動しました。

 今回の見学で学んだ多くの事を忘れず、将来の自分のために今から出来る事を精一杯やっていきたいと思いました。
(S・M)

2020年08月06日

アポイ登山

7月20日、僕たち研修生はアポイ登山に行きました。

コロナウイルスの影響で牧場見学等の課外研修行われていなかったので、研修生一同かなりテンションが上がっていました。
あまり息抜きができるイベントが無かったため、僕はバスに乗って外に出かけられるというだけでも嬉しかったです。

 いざ寮を出発し、アポイ岳に到着。登山を開始。
最初は山登りというよりも林を散策し小川を眺め、ザリガニを見つけて喜ぶ探検でした。
しかし、5合目の山小屋についた時にここからが本番だという現実を見せられました。

5合目から遥か先に見える先の尖った所が頂上だと知らされた登山初心者の僕には、目の前のアポイ岳が一瞬エベレストのようにも見えました。人の足では4~5時間は掛かるのではないかと本気で思いました。

教官の「あと一時間くらいだよ」という言葉に半信半疑になりながら再び登頂開始。少し登ると木がなくなり、黄色い土と岩の崖を登るかのように進み、再び木が現れてそこが頂上。登頂し、木陰で食べる昼食はとてもおいしかったです。

 頂上で休憩し、記念写真を撮ってから下山開始。
重い足を何とか動かし、全員無事に下山。麓の温泉で汗を流し、バスで帰りました。
僕は当然バスの中で寝てしまいました。

 今回のアポイ登山、かなり疲れましたがいつもと違う場所で一日を過ごせてとてもリフレッシュできました。
次の日に筋肉痛で足を引きずっている人や疲労困憊の様子の人がいないあたりはさすがだなぁと思いました。
(R・N)

2020年08月06日

入講から3ヶ月が過ぎて

僕たち第38期生は入講から3ヶ月が過ぎました。4月の入講時から6月までの3ヶ月間は成長を感じた期間です。

 まずは厩舎作業です。
入講して間も無い時は、厩舎作業に時間が掛かり、集合の時間に間に合わない事が毎日でした。
しかし、3ヶ月が過ぎた今は、集合時間よりも早く終われるようになっています。

 次は騎乗訓練です。
自分は経験者でした。最初の訓練時はまだ余裕がありました。
しかし3ヶ月が過ぎた今は、未経験者も経験者のレベルまで追い付いてきました。
自分は焦りがあります。
いつ抜かされるのか…。
でも絶対に抜かされないように、日々の騎乗訓練で教えてもらったことをシミュレーターやイメージトレーニングで自分なりに努力しています。
でも結果が全てなので、結果が出せるように絶対にいつも全力で騎乗をしています。

 覆馬場から、今はBTC場内のグラス馬場を利用するまで訓練が進みました。この3ヶ月間の成長力は大きいと思います。

 残り9ヶ月間、毎日全力で厩舎作業、騎乗訓練をしていきたいです。
 これからも第38期生の応援をよろしくお願いいたします。
(R・T)