2020年06月22日

騎乗訓練~屋内馬場から屋外馬場に出て~

騎乗訓練が始まって1カ月半が経ちました。

初めの1ヶ月は覆馬場でグループに分かれて騎乗訓練を行っていました。
だんだんグループが無くなり、今では1人1頭で騎乗訓練を行うようになりました。

5月下旬に入ってからは飛び乗りをして自分で馬に騎乗しています。
飛び乗りには筋力やジャンプ力が必要で、今ではできるようになりましたが、最初やった時は全くできませんでした。

最近は騎乗訓練を行う場所も変わりました。
屋外の馬場に出るようになり、角馬場や走路を使って騎乗訓練を行っています。
外に出ると雰囲気がガラッと変わって、風や雨の影響を受けます。
向かい風の時は教官の声が全く聴こえなくなる時もあります。その場合は周りの研修生で声を掛け合ってフォローします。
また、馬は臆病な動物なので少しの刺激でもびっくりしたり、暴れたりするので、注意して乗ることが必要になります。

6月に入ってからは走路での騎乗訓練も始まりました。
角馬場と違って馬は走りたい気持ちが強くなるので、操作が一段と難しくなり、指示に対して一斉に行動しないと前の馬との距離が適切ではなくなり事故につながるので、それを特に注意しで距離を3馬身に保つことが大切だと実感しています。
(Y・T)

Img_2748



Img_2650



Img_2688



2020年06月12日

馬装コンテストを終えて

4月から5月の1ヶ月間に及ぶ馬装コンテストも、毎回天候に恵まれ無事終了しました。

1回目の馬装コンテストから6回目の馬装コンテストで研修生全員が確実にレベルアップしました。
回数を重ねるにつれて制限時間も短くなっていく中、その中でも馬具を適切に着け、馬体もきれいに見せることが私達がプロのホースマンに近づくための第一歩だと感じました。

各々の研修生が今回の馬装コンテストで様々な課題が分かったと思います。
普段の騎乗訓練前の馬装や午後の手入れ作業から、調教師やオーナーさんに見られても恥ずかしくない作業が出来るよう、意識していきたいです。

個人的な結果としては、良い時と悪い時の差が激しく、良い時でも見落としが多々あり詰めが甘い所がありました。
指導された部分を次の馬装コンテストで直しても、新たな課題が出て来て満点に届くことはありませんでした。自分が満点だと思っていても、教官が見ると気付くポイントが違い、どうしても満点は取れませんでした。

一喜一憂せず、自分の現状に満足することなく、常に上を目指し、日々自分を向上させ、頑張っていきたいです。
(D・T)

2020年06月04日

新馬入厩しました!

5月28日クインハンター号が入厩しました。

【クインハンター号】
誕生日:2008年5月13日
父 :サイレントハンター
母 :テイスティークイン
性別:牝
毛色:鹿毛
特徴:大きなおめめと、大きなおみみと、大きなお顔!

日高育成牧場のホームブレッドです。BTCの乗馬オペラボーイ号の妹…テイスティ―クイン号の子どもという事は、これは何かあるかもしれない…ドキドキ…
顔のパーツが大きくて(顔も大きめで)かわいらしい女子。ちょっといい歳ですが、研修生の先生として頑張ってもらいましょう!!

Img_20200602_173410_259



1590660374939



1590660363009


2020年06月01日

学科と試験について

BTCの研修では日々の騎乗訓練と共に、馬の基本的な取扱い方、厩舎作業での注意点等について知識を深めるために、学科と試験を行っています。

学科では、イギリスNVQの教科書を参考に授業を行っています。
初めは学んだ事の無い分野なので不安がありましたが、教官方の丁寧で分かりやすい授業のおかげで、しっかりと理解を深められています。

これまでやった学科の中で印象に残ったのは、馬の健康についてです。
獣医師から、馬の病気の種類と症状、対処法等を詳しく学ぶ事ができ、実際に馬を扱う時に普段から注意しながら観察する事がどれだけ大切なのか知ることができました。

試験は、しっかりと学んだ事が理解できているのかの確認になります。
80点未満で再試験になってしまうので、みんな必死に勉強しています。まだ、私は再試験になったことがないので、今後も良い点数を取り続けたいです。

学科と試験を通じて、馬に騎乗する事だけでなく、専門的な分野も学ぶ事により、自分にとって知識の幅が広がっていると思います。
研修で学んだ知識は牧場で働いていく中で絶対に必要になると思うので、学んだ事をしっかりと自分のものにしていくと共に、これから先も多くの事を学んでいけるように頑張っていきます。
(K・S)

38