2020年04月30日

37期生の修了査閲を見て

4月15日、BTC37期生の卒業査閲が行われ、7名の先輩方の騎乗を我々38期生は後学の為にと見学させていただきました。

新型コロナウイルスの影響で、育成馬展示会が見学できなかったり、開講式の規模を縮小して行ったりと例年通りではないことばかりの今年でした。

入講してからの数日は実習や厩舎作業で先輩方とともに作業をしたり、右も左も分からず初めて覚えることばかりの為、アドバイスをいただくことも多かったです。

卒業査閲では教官の合図で馬とコミュニケーションを取りながら巧に操り乗りこなす姿を目の当たりにしました。それが我々38期生の一年後の姿であると教官に言われ、僕自身未経験の為1年という短い期間で上手く乗れるようになるのか不安でしたが、37期生の殆どが未経験スタートであること、教官方からの全力でサポートするという言葉を信じて、慣れない生活リズムの中大変ですが、1年後やってくる後輩たちに対して一つの目標となれるように精進して行きたいと思っています。

最後に、こんなご時世ですが、無事に37期生が1年間の研修を修了した事、心よりお祝い申し上げます。
(Y・K)

Img_0148



Img_0194



Img_0198


2020年04月28日

研修が始まって

4月7日から研修が始まり2週間近くが経ちました。
僕達38期生は男子17名:女子3名の計20名での始まりでした。年齢も15歳~24歳と開きがある期生です。

始めのうちは研修生同士会話も少なく、やっていけるのかが僕自身とても不安でした。
しかし、志は同じ人達の集まりなので、すぐに会話が進み、今ではしっかり会話をしながら協力し合って研修に臨めています。

研修が始まってからの1週間は本当に覚えることの量がとても多く、実際に覚えきれていない事も山ほどあります。それでも1日1日の内容がとても濃く、あっという間に時間が過ぎていきました。教官に教えていただく内容がとても丁寧で分かりやすく、充実した時間を送れています。

生活面でも今まで務めたことの無い寮長を務めたり、BTCに来て生活環境がガラッと変わり、戸惑う事も多々ありました。

始まったばかりの研修でこれから先にまた困難にぶつかるかもしれません。それでもBTCに来た理由を見失わず、教えていただける事をしっかり吸収し、より多くの事を自分のものにしていきたいです。
そして立派なホースマンとしてここを卒業できるよう日々努力していきたいです。
(Y・O)

Dsc_0485



Dsc_0491



Dsc_0527



2020年04月21日

1年を振り返って

この1年を振り返ってみると、本当に様々なことがあり、色々学んだ1年やったなと感じました。

入講当初は、これからどんな1年になるのか不安が大きかったことを覚えています。
ほとんど馬について分からないまま入講し研修が始まってからは毎日が勉強でした。
この1年間では多くの事を教えてもらいましたが、まだまだ学ぶ事はこれからたくさんあると思います。

私は、騎乗訓練でたくさん悩んできました。
ちゃんと馬をコントロールすることができていない、馬を抑えることもできなくて走らせてしまったりと失敗ばかりしていました。
また、ちょっと馬が暴れただけですぐに落馬してしまう事が多かったです。

今となれば、ちょっと馬が暴れるぐらいでは落ちることもなくなりました。
たくさん失敗した分、上手く乗れた時はすごく嬉しい気持ちでいっぱいになりました。見ているだけでは簡単そうに見えても、実際乗ってみると全然簡単なことではないと感じました。

また16人で始まった研修も最後は7人での修了となってしまいましたが、37期生として1年間研修をしてきて良かったと思っています。

たくさん迷惑をかけてしまいましたが、最後の最後までご指導していただき本当にありがとうございました。
(R・N)

Img_0198



1586930559718



1586930531955