2020年03月30日

研修修了を控えて

研修修了まで残り少なくなってきました。

昨年の4月からこれまで、この研修で学んだ事はたくさんありますが、その中でも、1人1人が考えて行動していくことが大切さを改めて感じることができた事が一番大きいです。

昨年4月、16人で入講しスタートした研修は今では7人になってしまいました。
少ない人数でも限られた時間の中、やらなければいけない作業は必ず終わらせなければなりません。
休講する人がいてもそれは変わらず、そういったイレギュラーの中でも1人1人がどう作業をしたら時間に間に合うかを考えたり、時にはどう作業を分担していくのかを皆で話し合いコミュニケーションを取っていくことができたのは良い経験となりました。

騎乗の面でも、馬を見るという面でも、自分はまだまだ未熟で、研修が修了しても悩んで失敗しての繰り返しだと思います。
それでも、自分のやりたい事・興味のある事・将来の夢が中々見つからなかった自分が、やっと見つけたやりたい事をこれからずっと続けていけるよう、残りの研修生活も気を引き締め、精進していきたいです。
(R・S)

2020年03月30日

JRA実習について

昨年から引き続き行われているJRA日高育成牧場での育成馬騎乗実習では、年が明けてから、4月に行われるブリーズアップセール前の育成馬展示会に向けて育成馬の強い調教をする段階になりました。

育成馬は、BTCにいる教育用馬と違って少しの音や動作にとても敏感です。

教育用馬には昨年の4月から約11ヶ月間乗ってきたので、どういう馬がいて、どう乗ったらう上手くいくか少しずつ分かってきたのに、いざ育成馬に乗ると難しいことだらけで、上手く乗ることができなかったです。

でも育成馬に乗せてもらう回数が増えるごとにどう乗ったらいいかなどを職員の方に教えていただきながら、徐々に乗れるようになってきました。

育成馬は年が明けて少し体も大きくなり、騎乗させてらっている時にも少しずつ走りに力強さが出てきたなと感じています。
そうなってくると、自分自身も騎乗技術などで育成馬以上に成長をしていく必要があると思いました。

教育用馬や育成馬に乗って技術を上げていくと共に、自分の勉強だけでなく育成馬の調教を少しでも自分の手でできたらいいなと思います。
育成馬展示会まではまだ期間があるので、育成馬はもちろんですが、自分自身もケガをしないように頑張っていきたいです。
(S・S)

1585542619811



1585542636631



1585542646687



2020年03月05日

総合テスト

2月中旬、約10ヶ月の研修を終えて残すところ後2ヶ月となりました。
これまでに基本的な馬の取り扱い方や厩舎作業での注意点、厩舎の馬への給水と飼付けなどを学びました。

また、外部講師の方々にも様々な事を教えていただきました。
馬の病気・繁殖牝馬と子馬の飼養管理など、その他にも多くの事を学び、馬に騎乗する以外の専門的なところを学べました。

今回の総合テストは、こう言った今までに教わってきたことの集約と言ったところです。

僕はテストには受かったのですが、完璧ではなく、書ききれていない問題があったので、1つでも多くの事を覚えてこの研修を卒業していきたいです。

ここでの騎乗訓練およびJRA実習も残すところ2ヶ月を切ったので、向上心を持って、また、怪我をせずに気を引き締めて残りの研修を遂行していきます。
(Y・K)