2019年10月17日

教育用馬について

今回は、BTCの研修で活躍してくれている教育用馬たちについて書きたいと思います。

現在、BTCの研修ではサラブレッドの教育用馬が牝馬12頭、せん馬27頭の計39頭います。朝の作業や午後の手入れを担当する馬が1人につき3から4頭割り当てられて、1ヶ月毎に担当が変わっていきます。

教育用馬のほとんどが元々競走馬として走っていました。
そのため、騎乗訓練中も角馬場や覆馬場と違い、走路に行くとスイッチが入ってしまい隊列から外れて駈け抜けようとする馬や、逆に反応が重く全く前に行かない馬など色々なタイプの馬がいます。
他にも跳ねるような馬や、ハミから逃げようと首を振る馬等、馬の個性が分かるようになってきました。

まだわたしの乗ったことのない馬もいるので、それぞれの馬がどんな性格をしているのか、その馬に合った乗り方が出来るようにこれからの騎乗訓練ではもっと頑張っていきたいと思います。
(M.S)

Img_0304



Img_0445