2019年07月25日

防災訓練

6月27日木曜日、研修寮で防災訓練がありました。

消防署から2名の職員の方に来ていただいて、講習と火災時の避難訓練、消火器の使い方について教えていただきました。

最初の講習では、火災についての事を色々学びました。私達が普段生活している中にも火災に繋がる事があるので、気を付けなければいけないと思いました。

避難訓練では、寮内で火災が起きたというシチュエーションでの訓練でした。まず、それぞれの部屋で待機し、火災報知器が鳴るのを待ちました。報知器のベルが鳴ったら班長や副班長の指示に従い、押さない、走らない、喋らない、戻らない、まとめて『おはしも』を意識して避難しました。

最後は消火器の使い方を学びました。消火器の使い方は簡単なもので、お年寄りや子どもでも使えそうでした。今回は消火器から水が出てきましたが、本物は粉が出て来るそうです。火元から近すぎず、遠すぎず、調度よい距離を取るのが大変でした。

今回学んだ事は、自分の命に関わることでもあるので、いつ火災が起きても学んだ知識を活かせるようにしておきたいです。
(Y・N)

Photo
避難中



Photo_2
消火器の使い方を教わっています



Photo_3
火元を狙って!!