2019年07月17日

馬装コンテスト

5月7日から週に1回行っていた馬装コンテストが終了しました。

馬装コンテストの審査項目は5つあり、頭絡が適切に装着されているか、鞍が適切な位置に装着されているか、馬体が綺麗に手入れされているか、四肢・蹄の清潔が保たれているか、馬を見せる上でのマナーの5つの項目で各20点ずつの100点満点で審査されます。

最後の6回目のコンテストでは、30分で、手入れと馬装を終わらせなければいけませんでした。
馬体の手入れは5つの審査項目の中でも、私が特に大変だった項目です。

まず、決められた短い時間の中でどれだけ綺麗にした状態で馬見せが出来るかという事に常に苦労しました、その中でも、タテガミ・尻尾をサラサラになるまで梳くという事が、6回目までを通しての目標でした。

馬によって、元々のタテガミ・尻尾の毛並みの良さや絡まり具合が違ってくるので、常にサラサラの状態にするのが本当に難しかったです。

最終的な結果としては、総合優勝を頂きとても嬉しかったです。
それでも、時間配分のミスや手入れ不足があったので、これからの研修の中でもっと丁寧かつ迅速な馬装を心掛け、常に完璧な馬装が出来るよう精進していきたいです。
(R・S)

1562322398560



1562322390445


2019年07月10日

普通救命講習

6月25日の、浦河消防署の方に来ていただき、私達は普通救命講習会を行いました。

最初に約60分間のビデオを見ました。
そこでは、実際の体験談や倒れた方がいたらどのような対応をしたらよいのか等の確認をしました。

ビデオを見終わったら実際に心肺蘇生のやり方を一通り体験させていただきました。私がしてみて思ったことは、結構力がいるなって感じました。
2分間胸骨圧迫しましたが、同じリズムで同じ力の入れ方で続けるというのが大変でした。

私達は馬に乗っている為、落馬した際に大怪我をしてしまう可能性もあります。
なるべく怪我をしないように気を付けていますが、もし怪我をしてしまったら、今回の救命講習で学んだ事を思い出して、すぐに対応していけたらと思います。

また、最後に落馬した時や馬に蹴られてしまい、首や背骨を怪我してしまった時に体を固定するという事も学びました。
研修生の一名が体験していましたが、固定した状態で横に向けても全然体が動いていなくてすごいと思いました。

今回の講習で学んだことは今後も生かせていけるので、どんな時でも対応していけるようにしたいと思います。
(R・N)

1562320267016



1562320279695



1562320296807



2019年07月05日

騎乗訓練

今日(6月21日)までの騎乗訓練のことについて書こうと思います。

4月は覆馬場にて経験者・未経験者で4つのグループに分かれての訓練を行っていました。
まず、常歩から始まり軽速歩→駈歩と徐々に進んで行きました。

5月に入る頃には経験者・未経験者とほぼ関係なく皆が出来るようになっていきました。
騎乗姿勢も長い鐙での前傾姿勢から短い鐙でのツーポイントに移り、最初の頃は筋肉痛が酷く大変でした。
馬に乗るときも初めは互いに足を上げてもらって乗っていましたが、最近では飛び乗りが出来る人は1人で乗るようになりました。

6月に入ってからは覆馬場から屋外の角馬場での訓練に移り、その数日後には走路での訓練も始まりました。角馬場では、1つの隊列を組み前傾と短い鐙での騎乗姿勢で速歩や駈歩を行っています。
走路では、班を分けて駈歩を行っています。
覆馬場・角馬場の狭い場所から広い直線に移ると馬の反応が変わるので、コントロールするのが大変になります。
たまに落馬する人もいますが、大きな怪我も無く皆が上手くなろうと日々の訓練を一生懸命頑張っています。
(Ⅿ・S)

Img_1339



Img_1462



2019年07月05日

牧場見学

6月4日・11日・18日と6月に入り3回の牧場見学が終わりました。

5カ所の牧場を見せていただき、調教施設、実際の調教の様子、現役の競走馬や育成馬の見学をさせてもらえたこと、スタッフのみなさんから話を聞けたことは貴重な体験となりました。

いろいろな牧場を見て、それぞれの形があるんだなと思いました。
最新のトレーニング器具を取り入れたり、より高度な調教を行うための施設の増設、馬本来の姿を考えた自然に近い環境下で育てたりと強い馬づくりのための姿勢が当たり前のことですが凄いなと思いました。

どの牧場でもスタッフの方が優しく丁寧に案内して下さったので色々な事を知ることが出来たのだと思います。

牧場見学の機会は残り少なくはなりますが、また違う環境を見られると思うと楽しみです!

見学で得られたことを自分のこれからにプラスしていけるよう、興味と好奇心を持ってしっかり学んで来ようと思います
(A・S)