2019年06月17日

教育用馬について

自分は、BTCに来てまだ2ヶ月しか経っていなくて、まだまだ全然馬のことを知らないけど、BTCの馬はとても大人しいと思いました。

BTCの馬が大人しいと思った理由は、トレーニングセールで見た育成馬やJRA日高育成牧場での展示会で36期生が乗っていた馬達を見て、走るのもとても速いしちょっと暴れたりしていたからです。

いつも乗っているBTCの教育用馬は遅いスピードでの運動が多いのでそれらに比べるとのんびりしていると思っていたけど、放牧地に放牧した時にはとても速いスピードで走っていることもあるので、いつもは大人しいけど教育用馬でも意外と速いんだと思いました。

BTCの馬達は大人しい馬がほとんどですが、サクラハンターやハートランカスターは蹴ったり噛んだりするので、今はまだ怖いけど、蹴ったり噛んだりしてくる馬にも慣れて対応できるようになりたいです。

あと、BTCにはとてもカワイイ馬ばっかりだけど特に可愛くて大人しい馬がいて、その馬の名前はウィードといい、体格がデカいけどとても大人しくて優しいので、毎日ウィードを見るのが楽しみです!
(S・S)

Photo



Photo_2



Photo_3



2019年06月10日

HBAトレーニングセール

5月20日の朝7時に寮を出て、HBAトレーニングセールの公開調教を見学に行きました。

HBAトレーニングセールとは、北海道札幌市にある札幌競馬場で開催される2歳馬のセリで、毎年200頭近くの馬が上場されます。
トレーニングセールに来ていたお客さん達は各馬の血統や馬の様子などを良く見ていました。

札幌競馬場は場外から場内までとてもキレイで、駐車場は広いのにごみ一つ落ちていないほどでした。

入場前に集合写真を撮りました。
その後厩舎地区を見に行きました。
厩舎地区では、それぞれの牧場の方がセールに向けて準備をしていて、自分が驚いたのはキレイな馬ばかりだったことです。
どこの牧場の馬もとてもキレイにされていて、それだけ大事な時期だという事が伝わってきました。

厩舎地区の見学を終えてから公開調教を見ました。
公開調教ではダートコースを走らせて1ハロンから2ハロン(200~400m)のタイムを計っていました。

騎乗者にもよりますが、馬は50㎏~70㎏を背負って1ハロン10秒で走っていて驚きました。
騎乗者もあんなに速いスピードなのにキレイに乗れていてすごいなと思いました。

自分もそのように乗れるように、これから研修を頑張りたいと思います。
(K・K)

Img_6108



Img_6116



2019年06月10日

退厩しました

2010年9月30日から研修生の先生として活躍してくれた、ダイエデム号(競走馬名:マチカネカガフリ)が退厩することとなりました。

大きな疾病もせず、初心者訓練から障害飛越訓練まで幅広く活躍してくれていましたが、教育用馬としては高齢となったため、新天地で子どもたちを乗せる仕事にシフトチェンジすることになりました。

まだまだ若い馬達には負けないぞ!という感じで少しやんちゃをするところもありますが、これからも良き先生(子どもたちからしたら友達かな…?)として、かんばってくれることを期待したいと思います。

ご飯の時はだれも盗らないから安心して食べてね~!威嚇しちゃだめだよ~。
(養成担当 Y)

Dsc_0071


2019年06月05日

第36期修了生 アイルランド研修だより

5月中旬からアイルランド研修に行っている、第36期修了生から現地での研修風景が送られて参りました。取り敢えずホームシックにもならず、それぞれ頑張っているようです!

あと2ヶ月と少し、怪我をしないように存分に学んで来てもらいたいと思います。

1559636118964



1559636148650



1559636181369



1559636188024



1559636193173