2017年06月19日

騎乗訓練

今回は騎乗訓練について書いていきたいと思います。

BTCに入講してから約2ヶ月が経ちました。
初めは覆馬場での騎乗でした。鐙の長さや手綱の持ち方が乗馬クラブで乗っていた時と違っていたので、戸惑いながらの騎乗でした。

最初は3つのグループに分けての騎乗でしたが、すぐに1つのグループになっていき、全員の騎乗技術が高くなってきているのを感じました。

駈歩での騎乗姿勢が始まった初期は馬とのコンタクトが取れなくなったり、自分の姿勢も気にしなくてはならなかったりして、騎乗は大変だなと思うようになってきました。何人かは馬を制御しきれずに落馬したり、僕も馬のコントロールを失い2回落馬しました…。

その後訓練も進み、外の角馬場に出ました。
屋内馬場での騎乗から、外の馬場での騎乗になったことで、さらに馬のコントロールは難しくなりました。
角馬場では落馬する人も増えましたが、騎乗回数を重ねていくにつれてさらに騎乗レベルが上がっていくように感じました。

最近では、走路での騎乗がメインになって来たので、隊列の前の馬との距離の取り方がさらに大切になりました。競馬で言う三馬身の距離をキープするのが難しく、まだまだ自分の技量不足を感じます。

2ヶ月経って様々な事を学びましたが、これからも騎乗レベルを上げるためにも毎日の騎乗訓練を大切にいろいろな事を学んでいきたいです。
(T・I)

Img_3319_4



Img_3322