2016年12月16日

育成馬騎乗実習

今年も残り僅かになり、寒さも厳しさを増してきて-10℃を下回る日もありました。
本州から来た僕からしたら、まるで業務用冷凍庫の中にいるような感じがします。しかし、寒さには負けていられません。

現在、研修生は交代でJRA日高育成牧場での育成馬騎乗実習へ行かせていただいています。
9月・10月の馴致実習で育成馬に初めて触れさせていただきましたが、今回はその馬たちに乗って調教しています。

育成馬は本当に些細なことでも驚きやすく、走っている途中でもたった1枚の葉っぱがひらひら落ちて来たり、日向と日陰の境目にも驚いて跳ねたり急停止します。人間からすれば「なんでこんなことに驚くの?」と思うくらい繊細なので、常に緊張感をもって臨んでいます。BTCの教育用馬がどれだけ大人しいのか改めて実感しました。

そして、自分達が騎乗している時には、JRAの職員の方々が騎乗姿勢や前の馬との距離など様々な面を見て指導して下さり、分からない事を質問すると分かりやすく教えて下さるので、自分達の技術向上に繋がっています。育成馬に乗りながら職員の方に指導してもらえるという環境に感謝しなければなりません。

これからもっと寒くなり、寒さには負けても自分には負けないで日々の訓練に励み、一流のホースマンに1日でも早くなれるように頑張ります!
(H・S)

Img_2469



Img_2522



Img_2374_4



Img_2438