2016年07月15日

防災訓練

今回、研修寮において防災訓練を実施しました。
浦河消防署から2名の職員の方に来ていただいて、講習と火災時の避難訓練、消火器の使い方について教わりました。

最初の講習では、火災についてのいろいろなことを学びました。私たちが普段生活している中にも火災につながることがあるので気を付けなければいけないと思いました。

避難訓練では火災が起きたという内容で行いました。
まず、それぞれ自分の部屋に待機し、火災報知器が鳴るのを待ちました。この時寮監が指示を教えてくれたのですが、ベルが部屋のすぐ近くにあるとはっきりと聞こえないことが分かりました。なので、常に意識しながら聞くことが大切なのかなと思いました。
今回の訓練では、119番に実際に電話をするなど私がやってきた避難訓練の中で一番本格的な内容もありました。

最後は、消火器の使い方を学びました。
学科でも使い方は学んでいたので、皆スムーズに使いこなすことができていました。
実際に使ってみると、思ったより簡単にできました。唯一、火から遠かったことがちょっとしたミスでした。なので、いざ使うことがあったら、しっかりと的を外さずに噴射できたらいいと思います。

今回学んだことは、自分の命に関わることでもあるのでしっかりと身に付けたいと思いました。
(S・T)

01 消火器を使って