2016年07月15日

草刈り実習

第34期生が入講して3か月が経ちました。

騎乗訓練も少しずつですが上達して来ていて、厩舎作業もスピードが上がってきました。それに伴い、北海道の気温も上がってきて、放牧地のわき等の芝生や雑草も伸びてきました。

草が伸びていると見た目も悪いし、来客があった際には印象が良くありません。なので、刈り払い機を使ってそれらを刈る作業が入ってきました。

最初は刈り払い機自体触ったことが無かったので、不安でいっぱいでした。
実際にやってみると、手への振動や機械の音に慣れず苦戦しました。しかしやっていくうちに、だんだんできるようになってきて、スムーズに刈ることができるようになってきました。

草刈りは、馬に乗るのと同じくらい大切で、将来牧場へ就職すると必ずやる仕事の1つです。
このBTC研修では、馬に乗れるようになるだけでなく、草刈りなどの地道な仕事もきっちりできるようにしたいです。そうすれば牧場へ行っても頼りにされる人間になれると思います。
そして、まだまだ刈った後の草丈がバラバラだったり、端っこの方が残っていたりするので、もっともっと技術を身に付けたいです。ゆくゆくはトラクターなどの作業機械で刈り取りしたかのような施設管理を目指したいです!
(H・S)

Photo草刈り中・・・


Photo_2 夏になってから訓練中のギャラリーが沢山!