2016年06月20日

牧場見学

6月9日に課外研修として牧場を見学させていただきました。

牧場を見て一番印象に残ったのは、どの牧場も放牧地、調教施設、厩舎が綺麗に整備されていたことです。
放牧地の草は均一に刈られ、調教施設では丁寧にハロー掛けされ、厩舎には無駄なものが一切置いてありませんでした。強い馬づくりをするために徹底的にこだわっていました。

生産牧場では種付けを見学させていただきました。
種付けは、牝馬の発情時期がピークの時に行わなくてはいけません。牧場スタッフの方々は、そこに照準を合わせて準備していきます。そのため当日は、とてもピリっとした雰囲気でした。このような貴重なシーンを見ることが出来て本当に良かったです。

育成牧場の調教施設は、現役の競走馬が競走の直前追い切りで使用することもあるそうです。自分が追い切りで騎乗した馬が競馬で優勝したら、これほど嬉しいことは無いと思いました。

1年後の即戦力として牧場で働くために、今後の研修も謙虚に学ぶ姿勢を忘れずに取り組んでいきます。
(K.S)


☆当日見学させていただいた牧場の皆様、お忙しい中お時間を取っていただき有難うございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
(養成担当Y)