2015年10月23日

上半期を終えて

この研修での半年間を振り返ると、本当にあっと言う間に過ぎたという印象です。

今まで競馬ファンで直接馬に携わるということが無かった自分にとって、それだけこの半年間は刺激的だったのでしょう。

4月から馬との接し方や騎乗訓練が始まりました。
全てが未経験で毎日が勉強であったと思います。時には、馬と接していて危険な場面があったり、騎乗訓練で教官に叱られる場面もありました。これらの経験が自分の技術となると信じ、そして悩み、乗り越えてきました。

現在我々研修生は17名で、この研修の日々を過ごしております。
全員がライバルであり、大切な仲間でもあります。皆で競い合い、刺激し合う良い関係であると思います。

様々な壁を乗り越えたと言えど、自分はまだまだ学ばなければなりません。半年が経っても未熟だと感じることばかりです。一人前のホースマンに向かって、下半期を今までよりさらに充実したものにしていきたいと思います。
(U・A)