2019年05月13日

騎乗訓練

37期生の初期から今日(5月6日)までの騎乗訓練の様子を書こうと思います。

最初の騎乗訓練は覆馬場で行います。
A~D班にグループ分けをし、コーンでそれぞれの馬場を研修生で区切る所から始まりました。

A班とB班は合計8人で、2人1組で馬を乗りかえ常歩と軽速歩を中心にした騎乗訓練でした。
C班とD班は4人ずつのグループになり、円形の馬場を作り調馬索を使い軽速歩を訓練するという内容でした。

その後3日程度で調馬索を外し、馬場も長方形の馬場へと形を変え、部班に慣れたらA・B班(経験者中心)に混ざり、2人で1頭(8頭での部班)の訓練に移行してきました。

最近の騎乗内容は、前傾姿勢を中心に速歩でスラロームや歩度を伸ばしたり詰めたりなど馬の速度に慣れて人のバランスや姿勢を訓練する騎乗内容になっています。

馬に乗る時は研修生同士で足を持ち上げて乗り、部班の先頭は経験者が多かったですが、いまでは全員が交代で先頭を行うなど日々学ぶ事が多く、試行錯誤をしながら励んでいます。
(H・K)

Photo初期に比べて大きな馬場に



525月2週目、駈歩始めました



2019年05月08日

山菜採り

僕たちは、4月23日に近くの山に行者ニンニクを採りに行きました。

研修が始まって1ヶ月が経とうとしていますが、みんな疲れもたまってきていた所だったので、山に到着してとても楽しそうにしていました。

教官についていき山の中へ着くと、行者ニンニクの葉が沢山見えました。上の方まで登りながら夢中になって採っていたので、気が付くとかなり高い場所まで来てしまっていて怖かったです。

行者ニンニクを採り終え、寮に戻ってから懇親会を行いました。懇親会では職員の方々に来ていただき、自分達で採ったニンニクはジンギスカンと一緒に食べました。

僕は道外出身なので、ジンギスカンはほんの数回しか食べたことがありませんでした。みんなで沢山食べ、とっても美味しかったです。

今回の山菜採りで、自分達で採ってきたものを自分達で食べるというとても良い経験が出来ました。
これから1年間の研修では怪我の無いようにがんばります。
(T・E)

Img_6100



Img_6102



Img_6107



2019年05月07日

厩舎作業

BTCに入講してからもう少しで1ヶ月が経ちますが、毎日やっている厩舎作業について書きます。

まず、平日の朝は5時30分から厩舎作業が始まり、作業終了後に馬に朝の飼い葉を与えます。
馬房の掃除をする際は馬を馬房内に繋いだ状態で行うため、慣れない道具と慣れない作業で最初はとても時間が掛かってしまいました。

ですが、今は慣れてきて、効率の良い作業の仕方などを考えて行動できるようになってきました。
作業に慣れて、スピーディーに終わらせることは良いと思いますが、慣れると雑になってしまう事があるため、雑にならないように心掛けています。

夕方は自分の担当馬の掃除や手入れが終わると、厩舎内外の掃き掃除や芝生に落ちている藁を取ったり、使ったタオルなどの洗濯など、やることが沢山あります。

やる事を自分で見つけて動ける様になるのが今の課題だと思うので、これからも毎日頑張ります。
(Y・I)

Photo



Dsc_0047



Photo_2



2019年04月26日

研修が始まって

BTC37期生は男女合わせて16名、年齢は15~20歳と若いメンバーでの研修となっています。

4月2日に開講式があり、やっとBTCの研修生としての第一歩を踏み出せたのだと思っています。

研修が始まって2週間が経ちましたが、思った以上に覚えることが多く、毎日復習をして頭と体に叩き込んでいます。研修カリキュラムの内容はとても濃く、1日1日があっと言う間に過ぎて、充実した毎日を送っていると感じています。

馬はとても臆病な動物で、叱る以上に褒め、常に声を掛け、安心させてあげた上でコミュニケーションを取らなくてはなりません。
入講して数週間しか経っていない私達は、今はまだ馬が飼い葉を食べているか、水を飲んでいるのか、ボロをちゃんとしているのか、それくらいの事しか理解してあげられないけど、馬のことを先生だと思いながら1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

1年後、立派な育成調教技術者になり、16名全員が修了できればいいなと思っています。
(N・A)

Dsc_2677



Dsc_0015



Dsc_0019



2019年04月16日

ばんえい競馬

今回の課外研修で私達は、帯広競馬場に行きばんえい競馬を見学してきました。

ばんえい競馬は、サラブレッドの競馬と違います。
ばんえい競馬でレースをする輓馬はサラブレッドよりも大きく体重は1トン近くもあります。そして最大で1トン近い重さのソリを引きます。

しかし、2歳の馬などまだ体が大きくない馬は480㎏など馬の体重によっても引くソリの重さも変わります。牝馬は‐20kgの重さを引くそうです。

コースの長さは200mで、途中に山が2つあり、1つ目は1mの高さ、2つ目は1.6mという高さになります。ゴール前の直線には0.5mの傾斜がありソリの後端が通過するとゴールとなります。サラブレッドとは違いハナ差などが無いのです!

私達は、最終日に行われるばんえい記念という最も大きなレースを見ました。
1番人気のオレノココロは3連覇を狙っていましたが、2番人気のセンゴクエースが2つ目の山を2番手でクリアして先頭に立ち、そのまま1着になりセンゴクエースが戴冠し、オレノココロは2着になりました。最後はドルフィンが苦しく走るもファンの応援に迎えられ全馬が完走しました。

ばんえい競馬はとても迫力があり楽しかったです。貴重な体験ができてとても楽しかったです!
(H・Y)

Dsc_0001



Dsc_0007