2018年10月02日

教育用馬について

今回は、BTCの教育用馬について紹介します。

BTCの教育用馬は、手入れと馬房掃除をスムーズに行うために、1ヶ月毎に1人につき2頭から3頭の馬が割り振られます。
その他にも今の時期は昼夜放牧に出している馬もいて、この馬達は毎朝集牧して怪我をしていないか確認してまた放牧し、夕方に飼い付けをしています。厩舎にいる馬は、騎乗する馬以外はパドックへ放牧に出し、午後からは手入れを行います。

毎日担当の馬を手入れし、騎乗訓練では教官が決めた馬に騎乗するのですが、1頭1頭性格が違うので、馬ごとにどんな対応をするのか、自分で考えながら接することで、馬への知識が深まり、様々な扱い方が身についていると思います。

わたしが今担当している3頭は、3頭ともうるさくて人をなめているところがあります。意味もなく蹴ったり噛んだりしてくるので、その時は厳しく叱っています。
忙しい時は相手にせず無視することもあるのですが、悪いことをしてきたときに叱らないのは良くないので、なるべく叱るようにしています。

このように、BTCの教育用馬からは本当に様々な事を学ばせてもらっています。
そんな教育用馬達を世話して、騎乗して、これからも毎日頑張っていきたいと思います。
(N・A)

Dsc_3190



Dsc_3110