2018年08月29日

新馬入厩しました!

8月22日、シークェンス号が入厩しました。

【シークェンス号】
誕生日:2015年3月4日
父 :Shamardal
母 :リズミック
性別:セン
毛色:栗毛
特徴:ぽっちゃり体型。今のところ、三歳なのかというほどどっしりしている。

とても足が遅いらしい。サラブレッドなのに、そんなことあるの??期待の新人現る!!
まだ3才のぼくちゃんなので、これから長らく活躍してもらえることでしょう!
どうぞよろしくお願いいたします!

Photo



2018年08月24日

JRA札幌競馬場見学

今回見学したのは、スタリオン、千歳にある牧場、札幌競馬場です。

スタリオンではオルフェーヴル、ディープインパクト、キタサンブラックなどとても有名な馬達を見させて頂くことができ、筋肉の付き方や肢の運びなど、普段から見ている馬たちとはまるで違ったように感じました。

その後見学させていただいた牧場はすごくきれいにされていて、道にはワラ一つ落ちておらず牧場の外観や内側を常にきれいにしておく大切さを学ぶことができました。

札幌競馬場では、まず装鞍所を見せて頂き、馬体確認や馬体重を量ることなど1つ1つをしっかりと行っていて尚且つ素早く行っていることが分かり驚きました。
すごく時間ぴったりに行動しており、出走ゲートの移動もハロー掛けも速く、すぐに次のレースが始められるようにしていて、時間をしっかりと守って1分たりとも遅れたりしてはいけない事がわかりました。

今回の見学では時間通りに動くことの大切さや、素早く行動していくことなど色々な事が、今後の研修で必要なことだなと改めて感じました。

見学で学んだことを思い出しながら、今後の研修に生かしていこうと思います。
(K・H)

Img_5415



Img_5492



2018年08月23日

厩舎作業

私たちは、騎乗訓練だけではなく、厩舎作業も真剣に取り組んでいます。

馬の世界には『三乗七厩』という言葉があります。
これは、馬に関わる事の10割の内、7割は厩舎作業に、残りの3割を馬に乗ることに心を砕くという事を意味します。つまり、馬乗りとして、厩舎作業は騎乗よりも重要な事であると言えます。

私達が普段している厩舎作業は、早朝厩舎に行くと、まず馬房のボロ拾いをし、馬の健康状態を確認します。そして、朝飼い付けをします。
午前中に騎乗訓練を終えると騎乗した馬には昼飼いを与えます。
午後は、自分達の担当馬の手入れをして、決まった時間に夕飼いを与えます。その他にも、厩舎周りの清掃を行ったりします。

これらの厩舎作業は、丁寧にするという事はもちろんのことですが、効率よく速くするという事も必要になります。
私たちは、どちらかというと少し遅く、決められた時間に終えることが出来ないということも多々あります。
しかし、作業が早くできる人が、作業の遅い人をサポートするといったようなことをして、作業効率と速さをアップさせられたら良いと思っています。
(J・H)

Kobune18


2018年08月16日

体験入学会

7月27日に、第1回体験入学会がありました。

体験入学生と初めて顔を合わせたのは27日の朝の集合の時で、5時15分と朝早い時間だったためか、緊張していても少し眠たそうな顔をしている入学生もいました。
私も、体験入学会に2回参加した経験があるので、少し懐かしい気持ちになりました。

朝作業では、ラジオ体操・腰痛体操から始まり、厩舎内の自由見学、午後にはシミュレーターに乗ったり、馬房内の清掃作業体験・実際の馬に乗る体験乗馬と、様々な体験をしてもらいました。

午前中には、自分達の騎乗訓練の様子も見学してもらい、私が体験入学会で先輩の騎乗姿に心動かされたように、体験入学生の方々にも心動かすバトンを渡すことが出来ていたらと思います。

今回は前年と異なり、昼食で体験入学生を囲んだバーベキューを行いました。体験入学生の方よりも私が緊張してしまい、なかなか話しかけられませんでしたが、色々な話題を話す中で徐々にお互いの緊張も解れてきて、笑顔が出て来るようになりました。
体験入学生の方々にもっと楽しく食事をしながら話せる場を作ってあげられる様に、次回以降は積極的に話し掛けていきたいです。

私も、体験入学会を通してBTCの魅力を知り入りたいという気持ちになり、今、実際にBTCの研修生として沢山の事を学び充実した日々を過ごしています。
入学しても壁にぶつかることもあると思いますが、夢や目標を持って頑張っていって欲しいなと思います。
(A・J)

Img_1501


Img_1497


Dsc_6992