2016年10月28日

教育用馬について

BTCには約40頭の教育用馬がいます。
人と同じでそれぞれに個性があり、いつでも大人しい馬もいれば、乗るとテンションが上がってしまう馬、驚きやすい馬など様々です。

今回は私のお気に入りの一頭を紹介したいと思います。
名前はトウカイトレジャー君。
今年の5月まで競走馬として走っていましたが、屈腱炎を発症して引退し、6月にBTCにやってきました。
BTCに来てから手入れなどの担当を私がさせて頂きました。

トウカイトレジャーが入厩するまではBTCにはセン馬と牝馬しかおらず、牡馬の手入れは初めてでした。
最初は、遊びたがりで、周りの馬を気にしたりして落ち着きがないなという印象でしたが、とても可愛いと私は思いました。

そんなトウカイトレジャー君でしたが、ついにセン馬になってしまう時がやってきました。
私は牡馬からセン馬になって、性格や普段の行動がどう変わるのか興味津々でした。
ですが、同じ男として、去勢されて診療所から帰って来たトウカイトレジャー君の表情を見た時はとても複雑な気持ちになりました・・・

手術後はいつも以上に馬房を清潔にして、曳き運動や患部の消毒を毎日行いました。
手術後2日間ぐらいあまり変化はないなと思っていましたが、3日目以降から段々大人しくなってきて、1週間経つとかなり落ち着いたなという印象を受けました。
そして見た目で一番変わったなと思うのは「目つき」です。去勢前はキリッとして格好いいという感じでしたが、去勢後は目が少しトロンとたような優しくて可愛い目になったと私は感じています。

トウカイトレジャー君がBTCに来て、最初の2か月ほどを担当させていただき、様々なことを見て、感じて、教わることができました。そして、この馬のことを大好きになりました。
現在はまだ屈腱炎のリハビリ中で激しい運動はできませんが、治ったらこの馬から騎乗の事もたくさん教わりたいです。
(K・U)

02常歩運動中・・・


2016年10月28日

オータムセールを見学して

今回は、今年度3回目のセール見学としてオータムセール見学に行きました。

 今までにブリーズアップセールに伴う育成馬展示会やHBAのトレーニングセールを見学して、購買者の方などに馬を見せる技術やセリ前日の公開調教での騎乗技術など、色々と考えたり、感じたりすることはありました。

今回はセリ当日を見学させてもらい、馬の展示をしているところや実際のセリを見学しました。
セリ自体は以前からテレビで見ていましたので、何となく分かっていたつもりだったのですが、実際に生で見学することで馬を購買するオーナーの方々の雰囲気や、目の前で数十万・数百万という金額が動くのを見て、少し圧倒されてしまいました。
セリはこれから先、牧場に就職したら必ずと言ってもいいくらい関わることで、馬の立たせ方や歩様の見せ方はとても勉強になりました。
セリ見学は普段経験出来ないことで、とても貴重な経験になったと思います。

研修も下半期に入り、JRA日高育成牧場での馴致実習など、牧場で働く上で必要な技術を学ぶ機会が上半期に比べると多く、実践的なことが多くなってきました。ここでしっかりと学び、見学して気付いたことや感じたことを教官に聞くなどして、自分の技術として1つでも多く身に付けて、牧場で働いた時にセリで馬の展示なども多くやらせてもらえるようにこれからも努力していきたいです。
(T・G)

01



2016年10月20日

上半期を終えて

私達第34期生の研修が始まって6カ月の月日が流れました。

最初の頃は馬に触れたこともないといった人達ばかりでしたが、今ではすっかり馬との生活に馴染んでいます。みんな馬のために日々の研修で馬の健康と騎乗に関する知識をしっかりと勉強しており、特に騎乗の方では入講から半年で急成長しています。

最初の2か月間で馬に乗るということに慣れ、それから本格的な騎乗姿勢を教わってきました。今では研修施設内の走路やBTC調教場のコースで自在に馬を動かせるようになってきました。

厩舎での作業でも馬の体調を担当の人が把握し、異常がないか常に監視しています。病気になったときは獣医師に診察してもらいますが、担当の馬の事は責任をもって作業をしています。

研修の基本的な流れは研修施設内での作業ですが、4カ月くらい経ったところで民間牧場での牧場実習も行われます。その道のプロの方々に直接の指導を受けられるのはとても貴重な経験となりますし、私達が普段見ている馬と違い現役でレースに出ている馬に触れられるのもよい経験です。

日々を重ねて高い技術と経験をさせてくれるこの研修で、馬という生き物を扱う幸せやそれ以上の喜びを覚え、将来に向けての道標にしていきます。
(S・K)

01赤ヘルから青ヘルへ



02上半期の表彰が行われました



03下半期は誰が賞を取るかな?



2016年10月19日

寮での生活について

今回は研修寮での普段の生活を紹介します。

厩舎作業等が終わった休憩時間や食事の時は、談話室や食堂にほとんどの研修生がいます。
談話室ではテレビ以外に競馬雑誌やWi-Fiを利用できるので、雑誌を読んだり、携帯をいじったりと様々な過ごし方をしています。

また、日曜日は食事を自分達で用意しないといけないので、食堂では自炊をしている研修生が多いです。

他に、シミュレーター室もよく使用します。
ここには電動木馬や筋トレ器具が置いてあるので、夕方から夜にかけて多くの研修生がほぼ毎日練習したり鍛えたりしています。

休日はそれぞれ自室で日頃の疲れを癒したり、少し遠いですが自転車で近くのコンビニ等に出かける研修生もいます。

以上、寮での普段の生活でした~。
(K・I)

01私達みたいに仲良くしてる??